・HOME


自慢の調味料です

 


●チョーコー
だしの素「こいいろ」


いわゆる「つゆの素」なのですが、最初料理に使ってから、その美味しさにすっかりファンになってしまいました。原料に添加物がまったく含まれていないので、化学調味料独特の匂いがなく、その代わりに天然のダシの風味が効いて、まろやかでコクのある味を出しています。
天つゆやめんつゆに使用するのはもちろんですが、私は他のいろいろな料理にも使用しています。煮物にはそのままか、好みで砂糖を加えて。おひたしには砂糖とすりゴマを・・ ゴマ油と酢を合わせれば、美味しい中華ドレッシングの出来上がり。

ゴマ油とすりおろしたニンニクとショウガを加えれば美味しい焼き肉のたれが簡単にできます。鶏の唐揚げは、このだしの素にお好みでいろいろな調味料を加えて作っています。市販の唐揚げの素に負けない美味しさ!






●ヒチフク・料亭「白だし」


薄口しょうゆに昆布、鰹、椎茸などのおダシがたっぷりと含まれている調味料です。これを薄めると、それだけで風味のいい吸い物が出来上がります。
おでん、雑炊、茶碗蒸し、鍋物…にはそのまま薄めて使い、これにお好みで砂糖を加えると美味しい卵焼きが出来ます。あと私の場合は、ドレッシングの隠し味に使ったり、和風スパゲティのスープに、煮びたしなどにも使っています。
キュウリなどを適当に切り、この白だしとほんの少しの酢を入れてレンジで1分弱ぐらいチンするだけで、美味しい浅漬けの出来上がり!
使い方ひとつでいろいろと応用がきくのが嬉しい。



◆ ・ ◇ ・ ◆


●クレイジーソルト


私がこの調味料をはじめて目にしたのは、なんとお洒落な輸入雑貨の専門店でした。ふざけた名前に(^^;思わず衝動買いをしたのですが、これが使ってみたら大正解!
岩塩をベースに胡椒、オニオン、ガーリック、あと数種のハーブがブレンドされています。サラダのドレッシングに使用したり、お肉の下ごしらえに、スープやシチューの最後の仕上げにひと振りしたり…。付け合わせの野菜に使用すると、味に深みが出るのが嬉しいのです。
最初はこの調味料を扱っているお店を探すのが大変でしたが、現在では多くのストアーに置いてあるので入手しやすいと思います。
みなさんも、ぜひ一度使ってみてくださいね。


 

●サラダマスター(Salad Master)


油をまったく使用しないドレッシングです。いわゆるノンオイルタイプのドレッシングはたくさん出回っていますが、私はこれをおすすめします。
市販のドレッシングにつきものの化学調味料くささがなく、あっさりした食感とスッキリとしたあと味がうれしいドレッシング。
種類も何種類かありますが、私は写真のハーブ&ガーリックを愛用しています。
一度食べるとくせになる味… オーストラリア産です。





◆ ・ ◇ ・ ◆



●トムヤム キューブ

トムヤムクンが簡単に作れるスープの素。クノールから出されています。
このスープの素に、刻んだ玉ねぎ、ニンジン、エビ、あればふくろ茸を入れてさっと煮れば美味しいトムヤンクンの出来上がり。そうそう、ナンプラーも忘れないでね。薄めに仕立てて、豆腐を入れても美味しいの。仕上げに香菜、なければ三つ葉を散らしましょう。

じつはこのキューブ、日本のお鍋にもよくあうの・・
昆布でだしをとったお鍋に、ひとつほどこのキューブを入れてあとはいつもの手順で作ります。いつものお鍋に辛みと酸味が加わって、意外な美味しさにびっくり。お鍋に入れる時はキューブはひとつだけにしてね。隠し味程度におさえて使用するのがポイント。



●ミル付き4色ペッパー


黒、白、茶、赤…4種のコショーが楽しめる、その名も4色ペッパー。
ミル付きなので、いつも挽きたての味が楽しめます。このコショーを使いだしてから、他のものが使えなくなったほどのお気に入り。 肉や魚介類の下味はもちろん、シンプルパスタの味付け、サラダやスープに使用しています。
あと意外なところでは、スパゲティーのカルボナーラにこのコショーをふっていただくと美味しいの!
食卓にそのまま出せる、おしゃれなデザインもいい感じ。イタリア産です。