うちの箱入り娘(^^)のジュリです。ようく男の子に間違えられますが、これでもれっきとした女の子です。

ジュリとはじめて出会ったのは、ある小さなペットショップでした。痩せて目ヤニをいっぱいつけた、おまけに、たくさんの病気を持っていたために処分寸前だった小さなシャム猫が、我が家の一員になってもうすぐ12年になります。小さな時はとても身体が弱く、病気ばかりしてとても心配したものですが、今では元気いっぱい、病気知らずの猫に成長してくれました。

ワガママで気が弱いくせに喧嘩っ早いという(^^;飼い主の性格をそのまま受け継いだようなジュリ・・・。私が側にいるだけでゴロゴロとのどを鳴らし、部屋の中のちょっとした日溜まりを見つけてはその場所でコロンコロンと転がり、歓びを全身で表すジュリ。そんなジュリを見ていると、なんだかとても豊かな気持ちになれます。

「もっと、もっと・・・。」そう思う気持ちや、向上心はもちろん大切なことなのでしょうが、時には立ち止まって、今ある幸せをかみしめることの大切さ、そういうことをジュリの幸せそうな様子を見るたびに思ってしまう私です。



・BACK ・HOME