セージ

 

セージは鑑賞用に育てています。
そう言うとほとんどの方が「えっ?」と聞き返します。それほどセージが料理用のハーブとして定着しているのでしょうね。
代表的なコモンセージ・・手作りソーセージに入れると風味が増すことはご存知だと思いますが、ドライのほうが香りが強いことは知っていますか?
セージを調理に使う場合は、市販のドライのものを使用している私です。その時は少量を使うのがポイントかしら。
写真はチェリーセージ。赤い花がかわいくて、私の大好きなハーブ。






セージの仲間にはお花のきれいなものがたくさんあります。大きな園芸ショップなどに行って、自分好みのセージを見つける、そんな楽しみ方もよさそう。
右の写真はブルーセージという名前で売られていました。花つきがとてもよく、切りもどすとそこからどんどん花をつけてくれます。この花を渋めの花器に活けると、和室にもあうことが嬉しい。

私の友人は庭でわさわさ育ったコモンセージをドライにして、それをリースのベースにして楽しんでいます。ドライにするとシルバーグレーに変化する、そんなコモンセージならではの楽しみ方なのでしょうね。



セージは多年草ですが、寿命があります。
2、3年しか生きられないセージのために、株分けで増やしてあげましょう。
セージは春に株を掘り下げると、子株の存在がはっきりと分かります。
これを親株から切り離し、違う鉢に植え替えてあげるだけでOK!
この時子株用の土はかならず新しいものにしてくださいね。


・BACK ・HOME