ローズマリー

最初の頃はちょっと癖のある香りに、なかなかなじめなかったローズマリーです。とても丈夫ですし、寒さにも強いので、育てやすい種類だと思います。多湿を嫌うので風通しのよい所で、水やりはちょっと控えめで育てたいですよね。

ヨーロッパでは魔除けになるハーブということで、聖木として教会の庭に植えられていることが多いそうですよ。もちろん、一般の家庭の庭にも・・・なんだか神秘的だとは思いませんか。目には見えないけれど、植物から大きなパワーが出ているのかも。

収穫の時には葉だけ摘むのではなく、枝ごと刈り取りましょう。酢や油につけてハーブビネガーや、ハーブオイルを楽しむことも出来ます。葉を乾燥させて、ポプリなんかもいいかもしれません。
レンジでお肉を解凍するときに、ぜひ葉をちぎって添えてみてくださいね。芳香を発して、肉の臭みを消してくれますよ。肉もやわらかくなって、一石二鳥なのです。

このローズマリーを育てはじめて3年が経つのですが、まだ一度も花をつけたことがないのでちょっと心配していたところ、今年(1998年)の夏に、突然暑さの中、花を咲かせてくれました。淡い紫の小さな花は、夏の間じゅう咲いてくれそうな勢いで私を喜ばせてくれています。花色は他に、白やピンクなどもあるそうです。マジョリカピンクという品種をこのあいだ手に入れた私です。

刺激的で爽快感のある香りの精油は私のお気に入り。頭脳を明晰にして、集中力や記憶力を高めてくれるそうです。老化防止の成分も含まれていて、髪の毛にとてもいいハーブとしても有名ですよね。


スイートバイオレット

あまりにもの可愛らしさに、思わず衝動買いしたスイートバイオレット、和名ニオイスミレです。最初はハーブだとは思わなかったのですが、これも立派なハーブの一種のようです。

春の訪れとともに、小さな青紫の花をいっぱいにつけます。その時のあのいい香りといったら・・・。同じスミレ科のパンジーやビオラも育てたことがありますが、香りはやはりこのニオイスミレにはかなわない・・・。根もよく張り、とても丈夫で育てやすいハーブだと思います。株分けで簡単に増やせるということなので、もっとたくさん増やしたいな。

私は素焼きの鉢が大好きで、ハーブたちも素焼きの鉢で育てていますが、このニオイスミレだけは淡いピンクとか、明るめのグレーのようなパステルカラーの鉢やプランターが似合うような気がしています。


・BACK ・HOME