観賞用のハーブ



どちらかといえば地味なイメージのあるハーブ・・・
だけど、きれいな花を咲かせるものがけっこうあって
そんなハーブのいくつかを紹介したいと思います。



星型の花、ボリジ

ギザギザした大きな葉はあくまでも陽気な感じ・・・
だけど、つける星型の青い花は繊細でとてもきれい。
憂鬱な気持ちを追い払ってくれるといわれているこのボリジ、かなり大きくなるので、7号以上の鉢で支柱を添えて育ててあげてね。

咲き始めはピンクで、のちにきれいなブルーに花の色が変わるなんて、ちょっとロマンチック。
多湿に弱いので風通しのいい場所で、枯れた葉はすぐに取り除いてあげます。

お花はお菓子やケーキの飾り、サラダ、あとアイスキューブに封じ込めても・・・。
切り花にする時には、早朝に摘み取ってあげてね。



ポットマリーゴールド

マリーゴールドは和名はキンセンカと呼ばれていて、日本でもなじみのあるお花。このポットマリーゴールドはヒョロッと背高ノッポに育つ、りっぱなハーブなのです。
色はオレンジやイエローなどがあって、その花は明るくて解放的・・・ アンバランスなほどの大きな花は、夏に咲く、ミニヒマワリのようです。

窒素分が多い肥料を与えると、葉ばかりが茂るので注意してね。花がらや枯れた下葉はこまめに取り除いてあげるといいみたい。

色がきれいなのでポプリにしても楽しめます。
このマリーゴールドは皮膚病や火傷、あとスキンケアにも効くということだけど、特製化粧水の作り方など、もっと勉強していきたい私です。



ハーブで作った花束を、テーブルの上に飾りました。
派手さはありませんが、野の花のような風情がいいのです。