11月29日(月) ★ チョコレート指数は3 ★

女の子でもいれば違うのでしょうが、お家の中にいわゆるキャラクターグッズと言われるものが見あたらない・・ほとんど持っていないのです。
夫が持って帰ってくるポケットティッシュがどんどんたまってきたこともあり、それ専用のケースを購入したのはつい最近のこと。白い陶器は適度に重みがあって、中に入れたティッシュがするすると取り出せるこのケースには、ブルーナのうさこちゃんが描かれてありました。紺色一色だけを使って描かれたウサギのイラストと、小さなお花たちがポツポツとかわいい。ひさびさのキャラクターグッズ・・・
食卓に出しておいてもぜんぜんジャマにならない控えめなこのケース、気がつくと手にとってはながめている自分がいて、心に何かがポッとともるような、そんなメッセージなど感じています。
姪が宝物のようにバッグから出して見せてくれたブルーナの絵本。赤、黄、ブルー、グリーン・・・ シンプルな色と単純な線が新鮮で、手にとって開いて、ずっとながめていたことを思い出します。そこにあるというだけで心がクスッとなごむ、そんな不思議な魅力のブルーナの絵がいい。
ミッフィーちゃんのイラストのマウスパッドが欲しいなあ、なんて思っている、ちかごろの私なのでした。

このぐらいの季節になると、鍋がよく食卓に登場します。白身のお魚だとか豆腐だとか、脂のついた鶏肉・・などももちろん美味しいのですが、エビをすりおろして作ったピンク色のお団子が好き。見た目はやわらかそうなのだけど、食べるとシコシコっと噛みごたえがあって、食べると口の中いっぱいにエビのうま味が広がります。ほんと美味しい〜。
だけどそればっかり食べるのはなんとなく気がひけるので、しんなりした白菜を団子に巻きつけるようにしてそっと目立たぬように器にとる、そんな小心者の私・・。


11月28日(日) ★ チョコレート指数は3 ★

家から歩いて20分ぐらいの場所にあるデパートに、散歩がてらに家族3人、テクテクと歩いて出かけたのです。いいお天気につられるように・・。ちょっと肌寒く、だから動くとちょうどいい、こんな時期には大好きな外歩きを楽しみたい。
先週もこの道を歩いたはずなのに、まわりの木々がつける葉の色、その色づきがいっそう鮮やかに見え、その美しさに思わず立ちどまります。黄色やオレンジがかった茶色の葉をつけた木々の中・・赤い葉たち、紅葉が目立っています。赤といってもちょっとダークに沈んだ赤色だから、まわりの自然をこわさなくて、自然が創りだす色ってやさしくていいなあ、そう思います。

デパートにある専門店街の最上階が映画館になっているのですが、毎週木曜日はレディースディといって、女性の方のみ千円で映画が楽しめるとのこと。これは利用しなきゃ損・・ということで、これからはビデオだけではなくて、映画館にも足を運びたいと思っています。


デパートの前のけっこう広いスペースに、たくさんの人だかりができていたのでさっそく行ってみたら、ボランティアの方たちが動物の里親探しをしていました。簡易テーブルの上にゲージに入れられて並べて置かれた猫が中心の動物たち・・。寒さのせいか震えているものも多く、途中でボランティアの方にビニールシートや毛布などをゲージの上に掛けてもらったのを見て、ホッとしてしまった私・・。
ゲージの上にはそれぞれに年齢だとか性別、簡単なエピソードなどが書かれた紙が貼られているのだけど、ほとんどが心ない飼い主から捨てられたものばかり。中には壁に投げつけられているのを見つけて保護したものや、片目が不自由な猫ちゃんまでいて、きっと後からつけてもらった可愛い名前や、ギャザーを寄せて作った首のカラフルなリボンに、ボランティアの方たちの愛情をたくさん感じました。

テーブルではなくて下に置かれたゲージに窮屈そうに入れられた犬は、落ち着かない様子でずっと鳴いています。くるくると動くそのたびにゲージがカタカタと音をたてて動いている・・ 見かねたボランティアの方が抱き上げるとピタッと泣きやむその犬を見て、「げんきんな犬だなあ」なんて思っていたら、ある日飼い主から突然に捨てられたのを保護してから、ずっとこの状態で、誰を見てもこうやって一日中甘えて鳴いているのだそうです。
なんだか悲しい。

一度飼ったら最後まで責任もって育てようよ〜
動物は玩具ではないのだから・・・


11月24日(水) ★ チョコレート指数は3 ★

ビデオの返却日の期日が今日に迫っていること、そのことに気がついた私は、借りてきたもののぜんぜん見ていなかった映画たちのビデオを、昨日、一日かけて見たのです。じゅうぶんに暖かくした部屋で、オレンジのラグの上にクッションを無造作に置き、夫と二人で仲よく並んで映画を・・。映画に飽きてくると、お互いにちょっかいを出して小さなケンカに誘ってみたり、ラグのまん中でわが物顔で手足をのばして寝転がっている猫のおなかをさすり、その猫がまるでスローモーションのようにゆっくりと寝返りをうつのを見て笑ったり・・ ちっとも真剣に映画を見ない私と夫なのでした。
ゆっくりとしたあま〜い時間・・だらしない休日。

ビデオを見終わった私は、夕方から突然にお化粧などを始めて出かける用意です。ビデオを返す、そのためだけに身支度を整えた私なのでした。
夕方の7時すぎ・・ 短い日はもうとっくに暮れていて、思った以上の寒さがちょっと心細い。駐車場までの道すじ、夫のスニーカーの白のラインが夜道に浮かび上がるように目立って見えます。
「夜だけど曇っているのが分かるね」
空を見上げながらぽつんと私。どんよりと重くてグレーの空はなんだか厚ぼったい。
「昨日の夜はもっと夜空が青い感じで、星がポツポツ出ていたから、きっと晴れ」
夫が答えます。

ビデオ屋さんは私が好きでしょっちゅう行っている本屋さんの2階。お店の中から発せられる光が外まで照らして、いつもの書店がなにか特別な場所に見えました。初冬の夜のお出かけは、きっとひとりだと寂しくて、二人だとあたたかい。
なにも起こらなかった、たいしたことのない、こんな一日を愛します。


11月21日(日) ★ チョコレート指数は3 ★

寝室にしている和室・・障子を取り払ってしまった二つの窓には木製のブラインドがついています。このブラインドをぴっちり閉めておけば日はぜんぜん通さないはずなのに、それでも「きっと今日は晴れ〜」なんて、気配で分かってしまうから不思議。そんな嬉しい気配のあった今日、日曜日の朝はやはりピッカピカのいいお天気で、いっしょに起きだした猫のジュリと目なんか細めちゃって、部屋の中ほどまで届いた光を身体で受けます。いつもの週末よりちょっとだけ早起きした今日は、お日さまをひとりじめした気分です。
ここ数日、私の心をドーンと重くしてしまっていた悩みなど、まるでなかったような健全で大きな太陽の光。カーテンを思いきり開け放した窓ごしに見える、わさわさ育ったハーブたち。今日も思いきり元気なジュリ・・・
「なんとかなるさ」
いつもの私の”ひらきなおり”が、今日は嬉しい。

* * * * * * * *

ここ最近、夫はよく本を買ってきます。それもりっぱなハード本ばかり。なんでも同じ沿線上にユニークな古本屋さんを見つけたそうで、そこで夫はごっそり本を買ってくるというわけ。本を買ってくるものの、読んでいる気配があまり感じられないこの本たちのことが、妙に気になる私なのでした。
書斎の壁一面を天井までの書棚にして、左半分を私の、そして右半分を夫の本を収めることにしたのですが、左半分がほとんどいっぱいになったのとは対照的に、たくさん開いている右半分の夫のスペース・・。そのスペースがガランとした感じでなんだか寂しいな・・そう思った私は、そのなにも置かれていない棚にいろんな物を飾り始めたのでした。
後ろにふんぞり返ってラッパを吹いているピエロ、シルバー色の真四角の時計、りんご型をした風水グッズ、ネイビーブルーのアロマポット・・ そこまではよかったのですが、下北沢の雑貨屋さんで見つけて買ってきたふとっちょのまねき猫の開運貯金箱を置くと、その思った以上の存在感で、本棚と言うより、すっかり飾り棚といった感じ・・。
夫が本を買ってくる理由には、これ以上自分の本棚が違うものになっていくことへの危惧なのでは・・なんて、そんなことも思っています。

今日は夫ご推薦の古本屋さん「サブリナ堂」に行ってきました。お店もそこの店主もユニークでとてもよかったので、近いうちにメディア日記のほうで紹介したいと思っています。

*アクセス数が70000HITを越えました。たくさんの方が私のHPに遊びに来てくださって、とても嬉しく思っています。ほんとうにどうもありがとう!

11月17日(水) ★ チョコレート指数は3 ★

朝の6時半。昨夜いくら夜更かししても、この時間になると目を覚ましてしまう私でした。自由気ままな代名詞のような猫だもの、もっと寝ていればいいのに、掛け布団の足もとにまあるくなって寝ていたはずのうちの猫、私が起きようものならササっと自分も起きだして、寝室にしている和室のドアから勢いよく飛びだしていきます。

こんな時、朝起きたてでただでさえ頭がボーっとしている私だから、いつも猫のしっぽを踏んづけてしまいそうになり、朝からとても元気な猫のことを、ちょっとだけうらめしく思ってしまうのです。11月になってからの私の朝の習慣・・部屋じゅうの暖房のスイッチを入れて歩きます。そう、うちの猫、じつはこの暖房が目当てだったみたい。そんなに熱くならないガスの給湯暖房・・猫にもちょうどいい暖かさみたいで、暖房機に身体をくっつけるようにして、まあるい背中をこちらに向けてふんわりと座っています。

7時近くなって夫や息子が起きだし、すでに起きて座っている猫に向かって朝のごあいさつです。
「ジュリちゃん、おはよう〜」
顔だけをくるりとこちらに向けたうちの猫、しっぽをゆらゆら揺らしながら、まだちょっとだけ眠そうな顔・・。そのあと、ジュリはマルハの猫缶「オカカ入りささみ」をいただきます。

・。・゜・☆。・。・★゜・。・ 。・゜★・。・。☆・゜・。・゜


今、私はポッキーを食べながらこの日記を書いています。お部屋にひとりだけど雰囲気が大切と、深めのワイングラスにポッキーを数本立てて・・。
「この形、だれが考えたのだろう?」
細長いポッキーの先っぽを口にくわえて思います。最初にそれを思いついた人ってほんと偉い。
午後4時37分・・夕闇がそろそろと近づいてきました。窓の外に見える木の葉はピタッと動かなくて、静かな夕暮れは時間がとまったみたいです。

・ ・ ・ 明日も平穏だといいな。


11月14日(日) ★ チョコレート指数は3 ★

「最後にタバコを吸ったのは、何年前になるのかしら・・?」
駐車場になっているお店の屋上の踊り場・・なかなか来ないエレベーターを待っている時、ふと目にしたタバコの自動販売機の前で考えます。
いつもはすぐに通り過ぎてしまうはずなのに、今日に限ってその前で立ち止まり、心がザワっと揺れてしまったのはなぜなのでしょう。
煙草がファッションの小道具のひとつだった、かつての自分を思い出します。ひとりで入った喫茶店。窓際の席に座って足を深めに組んだ私は、シルバー色のシガーレットケースからおもむろに煙草を一本取り出します。ピリピリとまわりの空気を震わせるほど漂っていたはずの自意識・・。お気に入りだった黒のタイトスカートは深めのスリット入りで、足を組んで喫茶店で煙草をくゆらせている自分は、どこから見ても完璧な大人の女性のつもりでした。その姿は、ほんとうの大人の方から見るときっと滑稽だったはず。今思い返すと恥ずかしくて、ちょぴりほろ苦い煙草の思い出です。そういえば花柄などのファンシーなものを、自分のまわりから遠ざけていたのもこの頃でした。

「そういうのって、誰でも覚えがあるのではないのかしら。ただ、それを実行に移すのは別として・・。」
その頃の自分のことを話した時の、友人の言葉です。私はそれを実行に移してしまったのね〜。ちょっと心が苦笑いです。大人の女性の年齢となった今、あの頃憧れていたキリッとした女性ではない私がここにいます。だけどフンワリ自然体の、今の自分もけっこう好き。

* * * * * * * *

あんなにヘビースモーカーだった夫ですが、数年前に禁煙を宣言してから1本も吸っていません。その意志の強さには感心しています。だけど煙草をやめた当初は、イライラが高じると人の身体に噛みついたりして、私も大変だったのです(笑)。煙草断ちで、ヒツジがトラに変貌したみたいでした。


11月9日(火) ★ チョコレート指数は2 ★

いつも通るお馴染みの散歩道。今日にかぎって誰ひとりも歩いていなくて、大きな自然の中で私はひとりぼっち。落ち葉たちの上をわざわざ選んで歩くのは幼い頃からの私のくせ。サクサクと踏みしめるように早足で歩く私は冬の気配・・匂いを敏感に感じています。匂いってとても不思議・・ その匂いを感じた時、一瞬にして過去の思い出が蘇ってきます。こちらに越してくる前に住んでいたお家の前に広がっていた雑木林の落ち葉の匂いを思い出します。やたら寒かった雨の日・・濡れた落ち葉に足を滑らせそうになりながら心細い思いで歩いた冬の日、ガサゴソと音をたてて毎日のようにやって来ていた自由猫ミーちゃんのふっくらした姿、大切な日にインフルエンザにかかってしまった息子を思い、落ち葉を踏みしめながら下を向いてずっと泣いていたあの日のこと・・ いろんな思い出が再び心によぎります。

くるんと丸まった一枚の茶色の葉が、歩いている私の目の前に落ちてきました。「人恋しい・・」こんな時、しみじみと思います。そういえば今までおつき合いした方はみんな晩秋から冬にかけて出会っていることを思い出して、とてもなっとくしてしまった私です。ふだんはガサガサした私の心も、冬が近づくとなぜかしっとりと落ち着いてきて、肌は白く女が際だってくる・・ひとりの女としての冬の訪れを思います。
季節がなんだか寂しいので、もっと明るめの口紅をつけようと思います。

                   * * * * * * * * * * *

今日の日記はなんだか暗いですね〜(笑)
たまにはこんな日があってもいいですよね。



11月7日(日) ★ チョコレート指数は3 ★

朝起きると、もう日は高くのぼっていて、すっかりと朝寝坊をしてしまった私です。息子はすでに起きていて、「お腹すいたよぅ〜」とソファーの上でとてもごきげん斜め・・。そんなこともあって、今朝の遅めの朝食は息子の大好物のホットケーキを焼くことにしました。ボウルに卵を割り入れて、そこに牛乳を注いでカシャカシャと混ぜ、そのあと専用の粉をボウルの中に・・。細かい粉がフワッとまわりに飛び散り、私は小さなくしゃみをひとつ。とても待ち遠しそうな息子とまだ寝ぼけ眼の夫に材料を入れたボウルを渡して、ホットプレートで焼いてもらうことにしました。その間、私はコーヒーの用意です。器具は使わないでフイルターを使って入れるのはずっと続いているわが家の習慣、毎朝の小さな儀式・・ 部屋じゅうに珈琲の香りが広がって、私の朝はここからスタート、そういう感じ。
私は大のコーヒー党。コーヒーがないと一日が始まらない・・それくらいコーヒーが好きなのです。なみなみとサーバーに作りおいておいた黒褐色のコーヒーを、私は毎朝3杯は飲んでいます。1杯は朝食の時に家族といっしょにいただいて、後の2杯は夫と息子が出かけていったその後で、ひとりで楽しみます。お気に入りのカップに注いだ、ミルクを砂糖も入れない苦いコーヒーを、カップを両手で抱えこむようにしていただきます。それは私の宝物の時間。
もう一度眠りたい・・そんな毎朝のあま〜い誘惑をほろ苦いコーヒーがシャキっと断ってくれる、生来のなまけものの私にとってなくてはならない、そんな飲み物・・。

紅茶よりもコーヒーが好きだという男性が好き。やさしい口あたりだけではなくて、苦い感触も愛する、そんな人が断然いい。


11月3日(水) ★ チョコレート指数は3 ★

部屋の窓から見える木々たちの葉がどんどん色づいてきて、気がつくと見事な紅葉・・。毛をたっぷりたくわえたうちの猫はふっくらしてとてもかわいい。マンションに最初から備え付けられていたガスボイラーによる給湯暖房機はとても暖かくて快調。朝起きるとまずこのスイッチを入れるのが習慣になっているのです。夏の花・・アメリカンブルーの挿し芽がどうやら成功したみたいで、窓ぎわに置かれた鉢の中で咲いたブルーの花は三つ。秋も深まり、冬に向けての好調なすべり出しが嬉しい。

今日は同じ沿線「たまプラーザ」に最近新しくオープンしたばかりの「SPICE BOX」というお店に行ってきました。いくつかの専門店たちが入った小さなビルは二階建て。小規模、というのが入っているショップたちが選び抜かれている・・そんな感じがしてワクワクしてしまった私です。輸入食材ばかりをあつかったお店やベーグルの専門店、ハーブ料理(?)が美味しそうだったイタリアンレストラン・・ そしてシンプルな小物や家庭用品でいっぱいの雑貨屋さんは堅実な感じがしてよかったのです。でも、もうちょっと遊び心があってもよかったかな。お洒落な洋書もたくさん並べられていて、ちょっと分厚めのその本たちをパラパラとめくると、その写真のきれいさ、素敵さにため息が出そうでした。値段がもう少しお手頃だったら買っていたのだけど・・。
SPICE BOX」で私が買ったもの・・ ちょっぴりローズがかった茶のセーターはボートネックの七分袖。乾燥したイチジク(これでパンを作るつもり)、ココナツミルクがたっぷり入ったタイのイエローカレー、歯磨きする時に使うコップ(ある日気がつくと割れていて、犯人はいまだ分からず・・)、なんの変哲もないただの菜箸・・ この五つ。乾燥したイチジクが入ったパンは生活の達人、堀井和子さんのおすすめ〜。だからこれでパンを作るのがとても楽しみな私なのでした。
これから私のパンづくりは本番をむかえます。美味しい手作りのパン、みなさんにもっとたくさん紹介できるといいな、そう思っています。


11月1日(月) ★ チョコレート指数は2 ★

じつはここ数日あまり調子がよくないのです。といっても身体ではなくて心が・・。不安感というのかしら、胸がドキドキしてちょっとのことで落ち込みやすい、そんな状態。時々こんな状態になるものだから、勇気をだして友人に言ってみました。
「私ってどうやら鬱みたい・・」
少しだけ笑ったその後で友人が言うには、鬱になるとご飯が食べられなくなるし、だいたいテレビを見ながら○○ちゃんのように大笑いをしない、ということでした。私自身ではけっこう心がしんどい状態にあるのだけど、友人が言うところのほんとうの鬱の方ってどんなに辛いのだろうか・・なんて考えてしまいました。

今、アロマポットでラベンダーの精油を焚いています。いつもはブレンドして楽しむ香りですが、今日はストレートにラベンダーだけ。アロマ用のロウソクのほのかな熱によってじわじわと暖められたポットの中のラベンダーが、部屋の空気にとけ込むように香りを放ってきて、いつのまにか肩に力が入りすぎて頑張りすぎてしまった自分の心が、ゆっくりとほどけてやわらかくなってくるのが分かります。ちょうどパソコンを始めた時期とアロマテラピーを始めた時期がいっしょだったというのは、ほんとうにラッキーなことだと思うのです。パソコンの前に長い間いることによって生じる、肩こりだとかいろんな部分のやるせない疲れが、アロマのおかげでずいぶん解消されたように思うから・・。

今日のBGMはAMAHOROの「いのちの花・・とてもきれいな曲はきれいすぎて悲しくなってきます。



・最新の日記 ・DIARY ・HOME