12月26日(火) ★ チョコレート指数は3


いつもは歩いて出かける場所に今日にかぎって車で行ったのがまずかった。ただでさえ人も車もごった返す師走・・案の定、大きな郵便局がある敷地横の道には、駐車場に停めることができなかった車がズラリ。
「どこに停めよう?」
「これだと中にはいってもかなり待たされるだろうな」
そんなことを思っているうちに面倒くさくなった私は、さっき通った道をUターン。そのまま車を走らせて着いた場所は園芸ショップ。なぜかここは空いていて色とりどりのパンジーの苗やハーブコーナーのラベンダーなどをながめては 「きれいだなあ」 なんてあくまでものんきな私。

けっきょく郵便局にはマンションの駐車場までいったん戻って歩いて出かけたのですが、これが大正解。待ち時間ゼロという余裕で手続きをすますことができました。この小さな郵便局はある商店街の中にあります。数年前、大型ディスカウントストアーの進出で商店たちのいくつかが閉店に追い込まれてしまった商店街。7年前、はじめて訪れた時のあの活気を今は見ることができません。商店街の中を通る道、ところどころ植えられた季節の花だけが当時と変わらない。
「このままでいてほしい」
そこに咲くお花たちを眺めながらいつも思ってしまいます。
お花っていいいですよね。いくら厳しい現実がそこにあっても、まわりの空気をやさしくしてくれる。

* * * * *

辻 仁成の『冷静と情熱のあいだ』を読みました。彼の本はたくさん読んできたけど、読みながらこんなに男性としての辻 仁成を意識したのは始めて。強すぎる自意識だとか直情的なメッセージがこの本では息をひそめ、大人の男性としての辻 仁成が感じられてドキドキしてしまったのです。文章って不思議ですよね。読んでいるとその人のもつ心の核心みたいなものに触れることができる…。連なる言葉の中にその人がたしかに息づいている感覚。
その本がどんなに面白そうでも、書いた本人が好きではなかったら私は読む気がしない。頭と身体が連なり、まるごと全部の私で本を読んでいるのでしょうね。

 

12月24日(日) ★ チョコレート指数は3


年末になると恒例のように雑誌の整理をはじめるゆめ家。ネットをはじめてから購入する雑誌がうんと減ったものの、それでも1年のあいだにいつのまにかたまった雑誌たち。ざっと目を通しながら残しておきたい頁だけを切り抜いてファイリング。
手もとにある数冊のインテリア誌は「プラスワンリビング」 表紙の猫の写真がかわいい「キャッツ」は猫の専門誌。特集がよかった月だけ買った「LEE」誌…ラグの上に広げて、寝ころびながら気ままに読み返します。買った当初には気がつかなかった読み物に目がとまるのはなぜ? 古いはずの記事たちが新鮮に飛びこんできて、なんだか得した気分。

先週買ったばかりの雑誌は「花時間」 じつは付録のカレンダーがお目当てだったの。南フランス バラあいらいカレンダー・・ 素敵な名前でしょ。そこに載せられたバラは豪華、というより合わせた花のせいか野の花のような清楚さも感じられます。もちろん本誌のほうも花たちのアレンジでいっぱい。そのアレンジですが、技巧的なものよりやわらかさだとか可愛らしさが感じられるものに惹きつけられます。
モダンよりナチュラル…
これはお花だけでなく、ライフスタイルすべてにいえる私のポリシー。

誌面を飾るいろんな方のフラワーアレンジメント。フラワーアーティスト高橋永順さんの花あしらいと写真はやはりよいです。豪華さと可憐さがほどよくミックスされ、合わせた花色、そのグラデーションの美しさにウットリ。ながめていると心の奥のほうがキュンとしてしまう。ぎゃくに写真家アラーキーの撮る花の写真はどこか艶めかしくてグロテスク。女性そのものをストレートに現した花の姿にドキドキしてしまいます。高橋永順さんの花の写真に心を動かされるなら、アラーキーの写真には身体が反応・・なんだか面白いですよね。

昨夜のクリスマスイブですが、今年もお家で家族だけでくつろぐ水入らずクリスマス。ケーキはがんばって焼きました。イチゴがこれでもか、とはいっているケーキです。 食卓を囲んだちょうどその頃、WOWOWで平井 堅のライブのもようが放送されていて、彼の歌声と続けて飲んだ3杯のワインにひとりで酔いしれていた私でした。

半年以上も更新していなかったHPの「キッチン」のコーナーですが、カゴ収納など新しくする準備を進めています。もう少しでみなさんに紹介できると思うので楽しみにしてくださいね。



12月18日(月) ★ チョコレート指数は4


先週友人から借りて読んだ、有元葉子の「シンプル・シック 暮らしのレシピ」の本。いわゆる暮らし系の本を読んだのは久しぶり、というのもあって、新鮮で楽しく、あっというまに読んでしまいました。
何年前になるかしら、暮らし系の本ばかりを選んで読んでいた時期があります。今から思うとその頃の私は自分のスタイルをひっしで探していたような気が・・。今流行っている小物、家具たちに囲まれたおしゃれな暮らし。たしかにステキだけど、なんだか自分のものになっていない気がする…今風ではあるけど、なにかしっくりこないインテリア。流行が終わるととたんに色あせて見えるのがイヤで、それから始まった私なりの試行錯誤。たくさんの失敗を経験したのち、やっと自分サイズの落ち着ける部屋が見えてきたようです。
「いったい自分はどんなものが好きなのか。なにをしている時がいちばんシアワセなのか」
問いかけながら小さな暮らしを積み上げていく作業は楽しい。

2年前、今住んでいるマンションに越してくる時はちょうど私なりのスタイルが見つかった時。だから、あまり迷うことなく家具や小物選びができたようです。そのころは(今も?)白っぽい明るめの家具が流行っていたのですが、なにより自分(家族)が好きで落ち着く、天然木を使ったクラシックタイプの家具たちを買い求めました。色合いはかなりダークなのだけど、暗くならないようにやはり大好きなキリム(赤系が多い)やイカットなどのアジア、中近東産の布やマット、土っぽいカゴたちをポイントにした部屋づくり。そのキリムですが、はっきりいって魅せられています(笑)

先週ネットで知り合ったkayoさんちに遊びに行ったのですが、部屋に一歩入った時から感じた温かさ、居心地のよさに心がほーっとなりました。雑貨がとてもお好きだというkayoさん。部屋のあちこちに置かれた彼女が選んだ物たちがやさしく主張してる・・どれも大切に使われていることがお部屋の空気にきちんと表れているなんて、不思議ですよね。その時のようすは近いうちにエッセイのページで紹介させてくださいね。

10月1日から11月15日まで開催された 第一回インターネット書評コンテスト の入賞作品の中に、私の書いた「ハリー・ポッターと秘密の部屋」の書評がジャンルトップ賞として選ばれました。このことはとても励みになりました。ほんとうにありがとう!


12月13日(水) ★ チョコレート指数は4


毎朝夫と息子を送ったあと、新聞を読むのが日課に。興味があるところだけ立ち止まる、そんな斜め読みなのですが・・。その新聞に入っている折り込みチラシ、時々楽しいものがあるので見逃せない。豊かなカラダ、金ぴかの布袋さまはいつも笑顔。「こんなの誰が使うの」なんて思わずつっこんでしまいそうな龍の絵が全面に描かれた財布…そんな開運グッズは見ているだけで楽しい。
今朝入っていたダイエット食品のチラシ。使用前と使用後の写真はよくありがちだけど、その使用前の写真におぶいひもで赤ちゃんを背中にくくりつけている男性の写真が・・。なぜに赤ちゃん、そして負ぶいひもなのか、さっぱり分からなかった私です。

* * * * *

友人のkeikoさんが本を返しにわが家へ。会うたびに服装の感じが似ているのが気になっていたのですが、グレー系のブルーのセーター、茶のパンツ・・なんと今日のファションもほとんどいっしょ。これからデパートまで歩いて行きたいという彼女を途中まで送ったのですが、その時に私が上からひっかけたベージュのレザージャケットを見て、「朝とても迷ったのだけど、ベージュのジャケットにしなくてよかった」と彼女の一言に、「えっ?」と思わず聞き返す私。嬉しい偶然。うれしいお揃い・・

明日のおよばれのため、お土産用にと夕方からせっせとお菓子を作ります。リンゴがどっさり入ったゆめさん特製のリンゴの焼き菓子…しばらく作っていなかったせいか、どこかギクシャクしたお菓子づくり。おまけに泡立て機の調子が悪く、いちおう泡立てはできるものの、金属が擦れあうようなすごい音。

ガチャ、ガチャ、ガチャガチャガチャ

いつのまにかやってきた猫がまあるい目で泡立てと格闘している私を見上げています。この音じゃあ猫だって寄ってくるさ、と半ばやけくその私。
160度にあたためたオーブンで45分。リンゴの焼けるこうばしい匂いがシアワセ気分をつれてきました。こんがりと焼き上がったりんごの焼き菓子を網の上で冷ましながら、キッチンにただよう心地よさを感じます。


12月11日(月) ★ チョコレート指数は3


今年はどんなクリスマスにしようかしら。ケーキは?そろそろ大掃除を始めなくては。年賀状は?
どちらかといえばマイペースでのんびりやさんの私も、12月にはいるとせわしない気分に。どうせなら年の最後まで自分のペースをつらぬけばいいものを、つい「あれもしなくては、これもしなくては」なんて焦ってしまう。

こんな気分が電化製品にも通じたみたい。がたんと調子が悪くなってしまったわが家のオーブンレンジ。直すとまだまだ使えそうですが、10年以上も毎日のように使っていたので思いきって新しいオーブンに買い替えることにしました。今度のもシャープ製。今からケーキを焼く機会が増えるので、焼き物が美味しく焼けるこんな機種がうれしい。
ずっと使っていると機械だって愛着がわきます。お家でパンを焼いている私が毎日のように使用していた愛機…それで最後にグラタンを焼きました。部屋じゅうにチーズが焦げるこうばしい匂い。庫内から取りだす時、パチパチとちいさくはねる音とぐつぐつと熱い音。黒のターン皿にぽとんと落ちた、溶けたチーズらしきシミが今はいとおしい。たくさんのありがとうが伝わるといいな。

会社の帰りに夫はよくお土産を買ってきます。夫婦で夜晩酌をすることが多いせいか、おつまみっぽいもの、イカのげそ揚げなどを買ってお家に。イカ、イコール○○ちゃんの好物・・こんな図式があったらしい。
「こんな油っぽいもの、夜食べるとおデブになってしまう」
つれない私の一言で、次にはナタデココがどっさりはいったデザートがお土産の定番に。これはたんなる夫が食べたかっただけらしい。
そして、今夫がはまっている(?)お土産が「365日のバースデーテディ」というチョコレート菓子。チョコレートは懐かしいマーブルチョコのようなものが小量入っているだけなのですが、誕生日と名前の書かれたカード付きの小さなテディベアがついてくる。これはテディベア、イコールわたし大喜び・・という図式?
365種類あるというこのテディ、私の誕生日5月17日のテディにはまだめぐり会っていません。


12月6日(水) ★ チョコレート指数は3


まだ風邪は完全になおっていないみたい。だるい毎日。でも昨日のようなお天気の日には、お家にいるのがもったいなくて近くのデパートまで出かけていきます。
デパートの入り口あたりはすっかりクリスマス一色のにぎやかさ。行きつけの園芸ショップの前ではサンタの人形が二体、並んでおしりをふって踊っています。ダンシングサンタ・・
のんびり歩くと20分かかるこのデパート、いつも普段着でぶらっと来るのに、今日はターコイズブルーのシルクニット、千鳥格子のタイトスカート、苦手なストッキングまでつけて完全武装。このかっこうはべつに理由などなく、なんとなく。
かたいお尻のためのガードル、触感がズリズリするパンスト、足になじんでいないパンプス… お家に帰った私はそれらをぜんぶ脱ぎ散らかして 「ほーっ」 とソファの上。寄ってきた飼い猫がだらしない姿の私の横にちょこんと座っています。たしか村上春樹のホームページに裸の上にエプロンをつけて家事をする人たちのことが載っていて、私も仲間にはいれるのでは?なんて、どこまでも横着な私。

書店に行って気がついたこと。女性用のネット関連の雑誌が増えました。それだけ女性の方にインターネットが根付いてきた、ということでしょうか。そういえば私の友人、知人たちがここ最近次々とインターネットを始めました。彼女たちから私あてにメールが届くのですが、顔や性格のわかっている方からのメール・・キーボードをたたきながら、相手の姿が浮かんでくるところがよいです。

「来年成人式をむかえます」
最近届いたある方からのメールの一文。HPのプロフィールに85歳と書かれてあったので、ずっとそのつもりでメールをだしていた私は、思わず椅子の上からズリっと落ちそうに。
相手が女性だと思ってやりとりをしていた方が、じつは男性だとあとから分かったこともあります。「あせっ」となった私は、思わず過去に送ったメールを読み返したほど。みなさんはこんな経験、ありませんか?
夫に言わせると、私のそういうところはとくべつ、なのだそうです。そうかなあ。


12月3日(日) ★ チョコレート指数は4


寒い季節には、おでんだとか鍋が恋しい。
ということで今夜はおでん。朝から材料を仕込んで一日中煮込んだおでんはとても美味しかった。おでんといえばぐつぐつ煮立てると美味しくなくなるってこと、知っていました? じつはあるテレビ番組ではじめて知ったのですが、煮立たせないおだやかなだし汁の中、あくまでもゆっくり静かに味をしみこませていきます。時間はかかるけど、この ゆっくり がきっと美味しさのポイント。これも最近よく耳にするスローフード?
おだんの種…私は卵と餅のはいったきんちゃく、飴色になった大根などが好きです。
・・このあいだ市販のキューブをいれてトムヤンクン風の鍋を作ってみたら、これがけっこう美味しいの!唐辛子の辛みとレモンの酸っぱさがいつもの白菜や豚肉に不思議な作用をもたらすみたいです。 このキューブ、クノールから出されているのでよかったら試してみてね。

自宅で手軽にクリーニングができる洗剤、便利ですよね。私も使っていますが、生協で購入したものはオレンジオイル配合。ふわふかとやわらかく、ほのかにオレンジの香りがする仕上がりが気にいっています。
洗いたてのセーターがタートルネックだったりすると、えりぐりのぶぶんをのばし、それで半分ほど顔を包み込むようにするといい匂い。私の身体の匂いとオレンジの香りが混ざり、体温といっしょにほわーんと立ちのぼってきて、そのぬくもりにほっこり。

「Mariのいろえんぴつ」のまりまりさんが 人気ホームページへの道 の取材をうけていらっしゃいました。その中のオススメサイトのコーナーに、なんと私のページを紹介してくださっています。まりまりさんのサイトは毎日ように訪れている大好きなページ。とても嬉しかったです。ありがとう!