11月29日(水) ★ チョコレート指数は3


今日は朝からとてもいいお天気。 お天気がいいとそれだけで上機嫌になる私は、ベランダにでてハーブやゼラニウムのお手入れ… そして、前から気になっていた息子の部屋の窓をみがきます。ついでに布団からシーツをひっぺがして洗濯機の中に。
日がさすベランダ、物干し竿に糊のきいたシーツがはためいているのを見るのは気持ちがいいもの。もっかジュリのお気に入りの場所、ミニ縁台の上にちょこんと座った飼い猫。心もち顔を上にあげて、鼻をひくひくさせているのがおかしい。どんな匂いが風にのってやってくるのでしょう。

「最近、ヘビーな本をたくさん読んでいますね」
こんな内容のメールが届きます。うん、たしかにそう。自分でも気がついていました。これってなぜなのかな?
スイートなチョコばかり食べているとビターチョコが食べたくなる、きっとそんな気分。こじつけっぽいけど。
じつは先週の日曜日、風邪をこじらせてしまってついにダウン。気分の悪さでほとんど一日中お布団の中で過ごしました。そんな状態なのに、よりによってもヘビー中のヘビーな本、田口ランディの「アンテナ」を読んだ私。そんな私を見て、夫、ぽかーんとあきれる。当事者の私、もっとあきれる。

本といえば江國香織さんが書かれた絵本「桃子」、はじめて書店で目にしました。絵本といってもほのぼのとしたものではなくて、ずばり を描いたもの。主人公の女の子はたしか8才だったのですが、いっぱしの恋をします。おたがいに恋い焦がれ、”思い”がある情念のようになって燃え上がる、そんなせつない物語。
いっけんあたたかくてやさしいお話に見えるけど、じつはこわいお話…そんな江國ワールドがこの絵本にもたくさんつまっていて、よいかんじでした。
そういえば彼女の書いた童話、今まで読んだことがなかった。これを機会に読んでみようかしら。




11月26日(日) ★ チョコレート指数は4


東京湾アクアラインを車を走らせ、房総半島に行ってきました。
南房総へは春に訪れることが多く、行くたびに宿泊するコテージ風ホテルのすぐそばは海。ホテルと海を分けるようにフラワーラインという道が走り、両脇に黄色く咲き並ぶ菜の花たちを見ながらのドライブを楽しみます。

晩秋の房総は海を楽しんだ旅。人気のない海岸に降り立つと、そこにはただ青い海と大きな空。海岸べり、砂の上に残された海鳥たちの足跡…大きくてやさしい自然としての海がそこにあります。
同じ海のはずなのに、見る方向や太陽の向き、時刻によってぜんぜん違った表情を見せてくれています。写真もたくさん撮ったので、近いうちにエッセイのコーナーで紹介させてくださいね。

房総に来るたびに訪れる私の大好きなハーブ園、大多喜町にあるハーブアイランドに行ってきました。ここのハーブ園はあまり人の手を加えていない、野性っぽさが魅力のガーデン。レストランヴァンヴェールの窓際の席に座り、眼下に広がるハーブガーデンを眺めながら食事を楽しみます。メニューをオーダーしてから30分以上待つことはざらののんびりムードのレストランですが、不思議とイライラしている人は見あたらず、あつみのある天然木のテーブルと椅子、温室風の天井から降り注ぐ太陽の光、どこからかいつのまにかやってきた白のふとっちょの猫… ゆったりした時間とみょうに心地いい空間。

安房郡丸山町にあるローズマリー公園は、あいかわらずの美しさ。さきほどのハーブアイランドが人の手が加わっていないのが魅力なら、このローズマリー公園では手入れの行き届いた整った魅力があります。数年前にはじめて訪れた時とくらべてローズマリーがずいぶん大きく育っていたのに驚く私。ローズマリーだけだとどうしても地味になりがちなガーデンも、季節の花とあわせて華やかな演出。
ローズマリー公園のすぐそばに手作りのものばかりが置かれたお店ができていました。このお店、すごく安いの・・アケビで作られたカゴが千円代で買えるのですよ!私はそこで木の実をあしらったナチュラルなリースを二つと、マガジンラック用にとしっかりした造りのカゴを買い求めました。

今回の旅でいちばん残念だったことは、館山市にある隠れ家のようなレストラン「grass-B」に向かった時、ちょうど定休日(金曜日)だったこと。これから訪れる予定の方、私のようにならないように気をつけてくださいね。



11月20日(月) ★ チョコレート指数は3


雨はけっしていやではありませんが、寒さといっしょになるときらいです。今日のように。
昼間なのにまるで夜を思わせるようなだるいグレーの空。公園内、池のへりで寄りそう二羽のアヒルの白さがくっきりと浮かび上がり、足もとの枯れ葉がすっかり濡れて地面にはりついているのが見えます。いつもこんな時、お家の外の夫と息子のことを考えてしまう。雑踏の中、寒い中、孤独だったらどうしよう。

私が今はまっているものは。前から興味はあって数年前に色の講座を受講したほど。HP作成ソフトが新しくなってなにがいちばん嬉しかったといえば、フォントの色が自由に設定できること。以前使っていたソフトは決められた色しか使えなかったので、私が好きなあいまいな色はぐっとがまん。 色が自由になった今、嬉しくていろんなところをちょこちょことなおしています。 私のページ、思いがけないところが色づいているので時々めぐってみてください。

色の道をきわめたい・・
そんな私が毎日のように訪れているのがMariのいろえんぴつ。買ったばかりの色鉛筆やクレヨンはじめて開けた時のあのわくわく感、その楽しさがページにつまっています。ぜひ遊びに行ってみてね。とても人気のあるHPなので知っている人は多いかもしれませんが・・

私のホームページにあったROOMのコンテンツ、インテリアのコーナーをなくしました。たくさんあったコンテンツをしぼることは前から考えていました。でもすっかりなくしてしまうのはしのびないので、お部屋の写真のいくつかはエッセイのコーナー、「わが家へようこそ」で紹介しています。載せられている文章も以前のものにかなり加筆しているので、よかったら見てくださいね。



11月16日(木) ★ チョコレート指数は3


毎日のように私のページに遊びに来てくださる真理子さん。いつもあたたかいメールを届けてくれます。その彼女から嬉しいメールをもらいました。
神戸に住んでいる真理子さんは5年前の阪神淡路大震災で家を失って以来、ずっと根無し草のような気持ちですごされていたそうです。そんな彼女に念願のマイホームが完成。料理が大好きな真理子さんの新しいおうちは、 広いキッチンと大きめの食卓・・そこには真理子さんの夢がたくさんつまっているのでしょうね。
メールを読みながら私の胸も熱くなってきました。

5年前に震災の様子をテレビなどのメディアで目にした時、その悲惨さに言葉をなくした私ですが、年数が経ち、いつしかその時の思いが薄れていたことを感じます。だけど当事者にとってこの5年間は長くて重い5年間… 真理子さんのメールを読んであらためて感じいったのです。
じっさいに体験した人でしか分からないこと、つらい気持ち・・ それを少しでもくんであげれる人になれるといいな。

寒くても花をつけるという文句につられて買った黄色のコスモス。菊によく似ているかわいい容姿。黒のポリポットに入った姿のままでベランダにいます。寒いとお花にたいする愛情がとたんに薄れてしまう私は横着者・・
明日は晴れるかしら。



11月14日(火) ★ チョコレート指数は4


ネットで知り合ったkayo(かよママ)さんがわが家に遊びに来ました。今は横浜にお住みですが、彼女が山口にいる時から何度もメールでやりとりがあって、「お会いしたいな」なんてずっと思っていました。だから今日実現できたこと、とても嬉しかった。
子供たちのよきママ、どちらかといえば家庭人としてのイメージが強かったkayoさんですが、じっさいにお会いすると個のはっきりしたお洒落で知的な女性・・というイメージ。おたがいに過去のいがいな経歴を「ナイショ」なんて言いながら楽しいばらしあいこ。
Kayoさんからいただいたポインセチア・・ラッピングがとても素敵なの。トップページ(香草だより)に写真を載せているので、よかったら見てくださいね。
暮らしを楽しむポータブルサイト「LaLan」で、毎週食べ物についてコラムを書かれていた料理上手で食通のkayoさん・・その彼女にがんばって作ったランチを誉めてもらいました。じつはチキンの入ったエスニックサラダは栗原はるみさんのレシピのまねっこ。鶏肉にまぶしたカイエンペッパーとパプリカの組み合わせは、これからもわが家の食シーンで活躍してくれそうです。

* * * * *  

メールのお返事がたいへん遅れています。ほんとうにごめんなさい。
お返事は遅れていますが、みなさんからのメールはいつも楽しく読んでいます。ありがとう・・
ホームページのお引っ越しにともないURLが変更になった、そのお知らせを私のページにリンクしてくださった方にメール等でお知らせしているのですが、まだ三分の一も連絡できていない状況… そんな中、こちらからお知らせする前にすでに変更してくださっている方がいます。ほんとうにありがとう(感涙)。この場を借りてお礼を言わせてくださいね。

リンクについて思うことがあります。
リンクをはったもののその後音沙汰がぜんぜんないページの多いこと。これって仕方がないのかな。なんだかさみしいぞ・・
そろそろリンクの整理がひつような時期がきているのかもしれません。もしかして遅い?


11月12日(日) ★ チョコレート指数は4


車が来ました。トヨタの白いプラッツ、小型で愛嬌のある車。
このプラッツに決まるまでがたいへんでした。毎週のように自動車ディラーに行っては試乗させてもらい、それでも自分と相性のいい車が見つからなかった・・車と人の相性はたしかにあって、そこのところを妥協したくなかったの。
そうそう、私といちばん相性が悪かった車はアストラワゴン。外車ということもあるかもしれないけど、乗った瞬間からまるで車が私を拒絶しているかのよう。その時の夫の悲しそうな顔を思い浮かべると申しわけないのですが・・
何ヶ月もかかって選んでやっとわが家に来た車のナンバーは517。ラッキーナンバーのつもり。家のまわりを試運転とばかりさっそく乗り回しているのですが、小回りがきくせいか運転しやすくて、ずっと前から乗っている車のようになじんでくれています。
私の足となってこれからいろんなところに行こうね。買い物もいいけど、時にはぶらっと気ままなドライブができたらいいな。運転、ちっとも上手ではないけれど、これからもよろしくね。

* * * * *

トップページのデザインを変えました。HPを開設して半年後にデザイン変更…それ以後一度も変えていないので、なんと約2年ぶりのリニューアル。シンプルなページデザインがどんどん増えていっているので、あまのじゃくな私は色をたくさん使った楽しいページを作ろうと思ったのです。が、できあがってみれば前にもましてシンプルな素っ気なさ。夫に見せると一言「前のほうがいい」、だって。 前のページはこちら。なごり惜しいのでしばらく残してゆこうと思っています。
だけど、 自分で開いても他のページを見ているようで落ち着かない。
方向音痴の私はネットでも方向音痴。入り口がふたつ以上あったり枝分かれしすぎると、中で迷ってしまってあちこちをふらふらさまよってしまう。単純明快、わかりやすいページをめざしたいです。


11月9日(木) ★ チョコレート指数は3


昼下がり、ソファーの上。重たさと息苦しさに目をさますと、身体の上に猫。
抱きかかえるようにくにゃんとした猫をむこうに追いやり、のろのろと起きあがった私はぶるっと身震いをひとつ。
「寒い…」
どうやら猫が私をあたてめてくれたみたい。いや、私が猫をあたためていたのかな。どちらでもいいけど。
そのあとミルクホワイトのポットでお湯をわかして珈琲をいれます。ひとりの時、わざわざドリップポットなどの器具などをだしていれるのは面倒なもの。そんな時、お家でかんたんにドリップタイプのコーヒーが飲める、その名もドリップコーヒーはほんと便利。今日選んだのはブルックスのU-TIME。ハワイマウイ島の生豆を使用した贅沢なブレンド・・とパッケージに書かれてあります。よく分からないけどとにかく美味しそう。
厚みのあるぼってりしたアイボリーのカップ。いろんな色の混じった手編みふうのごっついソックス。前足をくるんと内側にまるめていつのまにかソファーにもどっている猫…お家でひとりでお茶を楽しむ時はいつもこんな感じ。





嘉代さんが写真と文章を寄せられていると知って買いもとめた雑誌カフェ(枯野社)。ポケットにもはいってしまいそうなほどのかわいいサイズの本。すぐにきむらかよさんのコーナーを読みます。ゆったりした豊かな暮らしのひとこまが美味しそうなおかしの写真といっしょに薫ってきそう、そんな心地よい文章でした。 カフェ誌を読んだのははじめてだったのですが、ただおしゃれなトレンドとしてのカフェを紹介しているのではなく、ちょっときどって言うなら文化の香りがする、そんな表現が似合ってしまいそう。クオリティーの高さを感じました。


11月8日(水) ★ チョコレート指数は3


ストレス解消には泣くことがいちばん・・ 知っていました?
これ、ほんとあたってると思います。
悲しみだとか辛い気持ちは、泣くことで流してあげたほうがぜったいにいいと思う。
これをすると、これを思うとぜったいに泣ける、そんな泣きのツボにぴったりはまってしまったのがmisiaEveryting・・はじめて聞いたのが車の中で、ドライブの途中だというのに涙がぼろぼろでてしまいました。翌日すぐに近所のCDショップに行ってみたら、なんとランキングの第一位。貼られていたショーカードにはドラマ「やまとなでしこ」の主題歌と書いてありました。バラエティばかり見ていないで、たまにはドラマや歌番組も見ないと、ね。

テレビ番組で思い出しましたが、火曜日の深夜一時ごろTBSテレビ系列で放送されている「未来ナース」の番組。
この番組を見よう、 なんて決心して見たことはないけど、たまに見るとあまりにもすごいインパクトに驚いてしまうのです。 たしか、はじめて鈴木その子を見たのもこの番組でした。
「この人は、きっと私たちを笑わせようとしているにちがいない」
美を追究した結果があの白い顔だと知ったときには、驚いてしまいましたが・・
昨夜、テレビをつけっぱなしでいつのまにか眠っていた私。ふと目を覚ますとあの林葉直子がすごく怒っている。
「そんなこと言ってるけど、あなたは私に蹴られたいだけなのでしょ!!」
林葉直子の足もとにはひざまずくようにあの松野さん(沢田亜矢子の夫)。なぜか手にはピンク色のロウソクを持ち、ひっしになにかを哀願しています。
 ? ? ? ? ?
冷蔵庫から抹茶アイスを取り出し、それを食べながらテレビの続きを見たのですが、他の出演者がひっしになって松野さんの暴走をとめていて、ますますわけがわからなくなってしまったのです。

* * *

紅葉がすすんでいます。数日前に見た景色がもう変わっていて、今の季節の散歩は楽しいです。足もとの落ち葉が風でがさごそと音をたて、小さく舞っているようすなどを見ていると、さみしさがつのりますが・・


11月5日(日) ★ チョコレート指数は4


パシュミナ…去年あたりからとても流行っていますよね。今年よく見る薄手のものはマフラーみたいな使い方、カジュアルなアレンジもできそう。思いきって淡いピンク色のパシュミナを買いました。やわらかい生地はすべすべして、衣服の上ではなく素肌でじかに感じたい、そんな心地よさ。

パシュミナ一枚、さりげなく巻くのがこんなにむずかしいなんて。
セーターの上やジャケットの上からいろんな結び方を試してみます。慣れていないせいかしら、どれもわざとらしくていやになってしまう。
ややこしいことは嫌・・
頭からすっぽり被って”雪ん子”、首の上からただダラーと前に垂らして”矢沢栄吉”・・・鏡の前、買ったばかりのパシュミナを使っていつのまにか遊んでいる私。その横であきれ顔の夫になぜか愛想笑いをしたあと、けっきょくこの日は巻かないで出かけました。

出かけた先、青葉台の東急スクエア。建物同士を結ぶ通路にいたふたり連れの女性。そのひとりがたぶん買ったばかりのパシュミナを肩にかけてみたり、胸の前でゆるく結んだり・・目立つ場所での試行錯誤。
「私といっしょだ〜」
とても親近感がわいてきたのです。連れの女性がなにやらアドバイスをしていたみたいで、私もそれを聞きたかった、というのが本音なの。

* * * * *

女性誌「メイプル」にショートヘヤーの特集があって、大好きな樋口可南子さんが胸のかなり開いた淡いピンク色の服で登場。とても似合っていました。角度によっては胸が見えてしまうぐらいのきわどい服も、清潔感のある彼女が着るとぜんぜんいやらしくない。セクシー系の服があっさり着こなせる、そんな女性に憧れます。
そうそう、私の髪型もずっとショート。中学生のバレー部員みたいにならないよう、ヘヤマニュキアで明るくしたり、自然な流れをつけたり・・できるだけ女らしいイメージに近づけているつもり。

ホームページの引っ越しが終わりました。検索エンジンや参加しているリング等への連絡は終わったのですが、私のページにリンクしてくださっているHPの管理者への連絡はまだ。これから少しづつメールや掲示板でお知らせしたいと思っています。その時にはよろしく、ね。