・DIARY ・HOME



9月27日(水) ★ チョコレート指数は3

ガーデナーの方は、今がいちばん忙しい時期ではないかしら。
ここ数日ベランダでの作業が続いています。根が張ってしまったハーブの植え替えをしたり、春に花を咲かせる植物の種まきをしたり、挿し芽の準備をしたり…ハーブやお花たちとかくとうです。
今年の夏は暑かったせいで弱ってしまったハーブがいくつかあります。
「これ以上鉢の数を増やすのはやめよう」
そう決心したはずなのに、園芸ショップで見つけたローズマリーを買ってしまいました。すでに3鉢もある大好きなローズマリー。だけどピンクの花を咲かせるものは初めて。
自然食をあつかうレストランのテーブルの上・・小さなグラスに活けられた一差しのローズマリーの枝。小さなピンクの花が可憐で、私も真似したくなったのです。 だけど意外と花を咲かせない。数日前に咲いた青紫の花は、なんと3年ぶりの開花でした。根が張りすぎたままで育てたり、水やりをひかえて乾かし気味にするとか・・どちらかといえば過酷な条件にしたほうが花つきがいいとも聞いています。神秘的で、でもひとすじなわではいかないローズマリーが好き。

うちの猫、今ソファーの上で爆睡中。原因は猫好きな私の友人。私のうちに遊びに来て、寝ている猫のジュリを起こしてさんざんつついて遊んだのです。
耳をピンと立て、とても不機嫌そうな表情をしていた猫がついに反撃。友人の腕をガシッと軽く噛んで応戦します。だけど子犬ほどある巨大猫を飼っている彼女だもの、平気な顔して笑いながら猫とじゃれあってる・・

                     * * * * *

昨日放送された恋愛バラエティ「あいのり」の番組、すごくよかった。感動しました。
『シンプルライフ・シンドローム』『純愛時代』と続けて読んだ本が、純粋であるということはもしかしてよくないことなの?なんて、私の心に疑問を投げかけてしまっただけに、純粋に人を愛する姿がよくて、見ているうちに心があたたかくなりました。



9月24日(日) ★ チョコレート指数は3 ★

先週の木曜日、園芸好きの友人と連れだって花の苗などを見にホームセンターまで出かけました。
まだ夏の花が残っていて、お花もちょうど季節の入れ替わりみたい・・今年は育てなかった
アメリカンブルーの青い小さな花が可憐で、連れて帰ろうかしら、なんて最後まで迷ったのです。友人はりんどうの鉢植えをひとつ買いました。切り花で売られているりんどうはシュッと長くて気取った感じなのに、鉢植えのものは茎のぶぶんが短くて愛らしい。
りんどうのブルーがなんだかさみしそう・・・ 私は ピンクのりんどう(写真で見たことがあります)を探したのですが、この店には置いてなかったようです。

R246沿い、青葉区にある「プランツ」にも出かけました。7月にリニューアルオープンしたばかりの時にも一度訪れたのですが、お洒落になったお店になじめなかった私。
素焼きにこだわった鉢たち、店内のあちこちで見られた観葉植物、大きく育った植物をお店の人が梯子を使って手入れしている姿…好きだった光景たちを見ることができなくなった今、かつてのお店がよけいに懐かしい。
あれから一度も足が向かなかったお店を久々に訪れたのですが、いつも混んでいて車を入れるのにひと苦労だった駐車場もガラガラなら、店内も私たちしかいませんでした。店頭で売られていたハーブの苗も心なしか元気がなく、300円均一の文字が赤の横線で消され、「オール100円均一」と書かれたショーカードにしんみりします。
大好きだったお気に入りのお店が変わってしまったこと、やはりさみしいです。



9月19日(火) ★ チョコレート指数は3 ★

夫から電話があって、今日は友人たちと飲むので夕飯はいらないとのこと。
そこでベーグルをたくさん焼きました。ゆめさん特製のソフトベーグル(写真はこちら)は、バターが入ってゆで時間も短いので食べやすくて美味しいのです。(自慢しちゃった)
黄色く炒めたいり卵、グリーンアスパラ、カリカリベーコン、スライスしたトマト、そうそうポテトサラダも忘れずに・・。焼きたてのベーグルを横半分に切り、いろんなものを挟んで食べるベーグルサンドは息子の大好物。だけど作りながらつまみ食いしていたら、お腹がいっぱいになった私は2個食べるのが精いっぱい。あとの5個はぜんぶ息子が食べました。
すごいぞ、ユージ・・さすがパパの息子です。たくさん食べる男子はたのもしい。

                     * * * * *

「今までの日記、ぜんぶ読みました」
時々こんなメールをいただくのですが、嬉しい反面、恥ずかしい・・
そんなに恥ずかしいのならHP上に日記をアップしなければいいのに、ね。
日記ってなまものみたいなところがあって、過ぎてしまったことやその時に感じたことなどを書いた日記ってあとから読み返すと照れくさいもの。
1年前のものをざっと読み返してみたのですが、10月から11月にかけての日記はかなりおセンチがはいってる・・ 秋も深まって、人恋しい、みたいな。

「○月×日、今日は△△に行きました。楽しかった」
そんな小学生みたいな内容の日記はイヤだし、かといって心情をぼろぼろと暴露、みたいなのもちょっと。
きっとバランスがたいせつ。そしてそのバランスがつかめない私はしょっちゅう揺れています。



9月17日(日)  ★ チョコレート指数は3 ★

映画のビデオ、『スリーピーホロウ』を見ました。
首狩り連続殺人をあつかった映画、というのでかなり不気味な映画を想像していた私。たしかに怖い映画にはちがいなかったけど、同時にとても美しい映画。 馬に乗った首のない殺人鬼が村人を襲う時、片手につかんだ剣をシュッ、シュッと音をたてて回転させるのですが、その動きがなんだかよくてゾクゾク(不謹慎?)
してしまいました。富豪の娘カトリーナ(クリスティーナ・リッチ)は魅力的な女性。だけどなにかの拍子に笑顔が不気味だったりするところも、きっとこの映画の見どころのひとつ。
ラストのあたり、クライマックスのシーンで大きな雷の音。実際に外でも雷が鳴っていたものだから、思いがけない効果音に驚いてしまった私は、思わず後ろの夫をふりかえます。そのとき、私の横でちょこんと座って見ていた(?)猫のジュリも同時に振り返ったらしい。私と猫の両方の目が同じようにまん丸だったのがとてもおかしかったのだそうです。夫があとから教えてくれました。
だけど、ジュリ、なんでふり返ったのかしら・・

                       * * * * *

「今日は○○曜日だから、この番組を見よう」
そんな意気ごみはないけど、ゆきあたりばったりでつい見てしまう深夜番組。寝室にしている和室には古い小さなテレビがあって、お酒などを持ちこみ布団の上でふとどきに見る、深夜番組の面白いこと。
一昨日、番組を見ながら眠ってしまった私ですが、つけっぱなしにしていたテレビからとてもきれいな音楽が。不思議なもので眠っていても感覚のどこかは覚めているのですね。美しいメロディにつられるように思わず起きあがった私は、まだ半分眠った状態でふらふらとブラウン管をのぞきます。はじめて見た男性歌手の名前は分からなかったけど、その歌の題名は分かりました。
線香花火… みなさんは知っていますか。私が知らないだけでもしかして有名な歌なのでしょうか。


9月14日(木)  ★ チョコレート指数は3 ★

ポルノグラフティというバンドを最近よくテレビ番組で見るようになりました。
彼らがしゃべっているのを聞いていると、時々広島弁がでてくるのがおかしい。特にヴォーカルの彼・・語尾がヒロシマしている。
だけど私も人のことが言えない。友人たちに言わせると、慣れてくると広島弁が出てくるのだそうです。話している私の口から広島弁がでてきたら、それは相手にうちとけてきた証拠。私の方言は親しさのバロメーターなのです。

                       * * * * *

ホームページを開設して2年半が経ちました。先月の後半から今までの約1ヶ月のあいだ、こんなにネット関連の動きがあったのははじめて。少し驚いています。
約1ヶ月のあいだにあった出来事・・ ページのURL変更のお知らせが5件、ホームページ開設の連絡(再開をふくめて)が6件、閉めてしまわれたページが4件ほどありました。そして私のページにリンクをはってくださったHPが15件もありました。
インターネットはどんどん利用者が増えていっているみたいだし、ネットの世界はこれからも大きく動いていくのでしょうね。
うれしい動きだといいな。



9月12日(火) ★ チョコレート指数は3 ★

雨がやんで二日ぶりの太陽が嬉しかったので、散歩がてらに近くの商店街まで出かけました。
大型スーパーの進出で約半分の店が店じまいとなり、どこか閑散とした並びを歩きます。内科小児科医院を通りこし、少し歩いたところにある小さな郵便局。私はこの郵便局がとても好き。いつ行っても待つこともなく、あの味気ない番号札を持つこともありません。顔なじみとなった職員さんはいつも変わらぬ笑顔で迎えてくれます。
雨上がり、というので涼しくなるのを期待していたのですが、日中の日差しはまだまだきつくて、ほんかくてきな秋の訪れはまだのようですね。

ベランダでハーブたちに水やりをしていたら、排水溝に続く溝の中、1匹のセミが仰向けで足をばたつかせているのを見つけました。ゆっくりな足の動きに命のかぎりを感じた私は、あわてて干してあったタオルをつかんで差し出します。弱っていたかのように見えたセミですが、すぐにタオルをつかみ、アイボリー色のタオルの上でじっとおとなしくしています。この夏を力一杯生きたセミを、しばらくのあいだ見つめていました。

                       * * * * *

今日は中秋の名月。夜、空を見上げると東の空のあたり、まあるい月を見ることができました。まあるくて明るくて、でも一生懸命に見ようとすればするほど月が私から遠ざかっていく感じ。ぼやけた輪郭とまわりの光の輪っかがぼんやりした印象。
チューハイ片手にベランダの手すりに身体をあずけ、キャミソール姿でのお月見です。

●リンクをたどっているうちにたどり着いたサイト、annさんのPHOTO GALLERY ANNです。どの写真もよいけど、とくに江ノ島の猫たちの写真は感動して涙がでました。猫がまわりの風景に溶けあい、自然の一部であることを思います。


9月10日(日) ★ チョコレート指数は3 ★

メールをチェックするのが毎朝の日課。私のページに遊びにきてくださった方たちからのメールはほんと嬉しいものです。でもなかにはあまり嬉しくないメールも。
「○○でこんなにもうけることができました」と、いきなり体験談で始まるネットでの儲け話や、なぜか気安い友人のノリで送られてくるアダルトサイトからのメール。HPへのバナー広告への設置の依頼に、あと最近増えているのが出会い系サイトからのメール。同じところから何度も送ってくるものもあるのでしょうが、それにしても多い・・ 週に2、3度は届きます。

                          * * * * *

となり町にある大きな本屋さん。そこで本を6冊読みました。こんなこと書くと書店関係の人にしかられそうですが、速読ができると立ち読みの時に、ほんと重宝します。今日読んだ本は澁澤龍彦や斉藤綾子など、どちらかといえば濃い本ばかり。
いろんな作家が三島由紀夫論を書かれていますが、澁澤龍彦の書いた「三島由紀夫おぼえがき」はとてもよかった。斉藤綾子と伏見憲明の対談集『快楽の技術』の過激な内容に驚く私。そうそう、ASAYANに以前出演していたデザイナー、ご あきうえの本も読みました。幼い頃からの彼のいろんなことが写真つきでたくさん載っていて、ひそかにファンの私は嬉しかった。あと題名は忘れましたが、友達が少ない人は小説(文章)を書きたがるそんな内容の本も読みました。 本をたくさん読んだ日は、頭のエクササイズができたみたいで嬉しいです。
今日私が買った本は栗原はるみの「すてきレシピ」。パンのレシピたちが美味しそうな写真つきで載せられていて、じっと見ているとおなかがすいてきます。

本屋さんに寄った帰りに、市が尾駅前にある森ビル内のお好み焼き屋さん「ふくふく亭」で、モダン焼きを食べました。鉄板でジューッと焼きそばを炒めるふりをして、夫のお好み焼きからはみ出ていた海老を、へらでそっとこちらに引き寄せた、とてもせこい私。


9月7日(木) ★ チョコレート指数は3 ★

山田詠美の『ひざまずいて足をお舐め』を読む。すごいタイトル・・
著者の半自伝的小説、ということですが、三島由紀夫の『仮面の告白』、太宰治の『人間失格』、立原正秋の『冬のかたみに』など、自伝的作品と言われている小説たちの重いこと。ものごとをとことん深く、心でじっくり受けとめる・・そんな感受性を持っていないと小説って書けないのかしら。

ソファーに三個のクッションを重ね、その上に頭を乗せて読んでいたはずなのに、3個が2個に、2個がひとつに、そして最後にはソファーの足もとには色違いのクッションがみっつ転がり、そのうちのひとつに飼い猫のジュリがまあるく乗っている・・ 昼下がりののんきな風景。

本を読み終わったあとで思い立ったようにパンを作り始める私。大きなボウルでパンをこね始めたのが夕方の4時半すぎ。そろそろ夕飯の準備にとりかかる時間なのだけど、この突拍子のなさはいつものこと。
今日焼いたパンはミルクブレッド。ふんわり美味しそうに焼けました。切れ目から手でちぎってキッチンで焼きたてを食べる幸せ〜。明日も焼きたいな。

久しぶりに手づくりパンのページを新しくしました。興味がある方は見てくださいね。写真から匂いが伝わるといいのに、ね。


9月6日(水) ★ チョコレート指数は3 ★

「あっ、しまった」
保養所に着いてバッグの中から持ち物を出しながら、大切なものを持ってこなかったことに気づきます。
その大切なものとは、寝間着。畳まれてあたり前たり前のように部屋に置いてある、あの浴衣が大の苦手な私・・。旅行に出かける時はかならずマイパジャマを持参するのでした。
あるテレビ番組に出演していたさんまさんが、浴衣を着て寝ると次の日にはおなかに帯しか残っていない、そう言うと、まわりにいた出演者たちみんな大笑い。
「私とおんなじだ」
そう思いながら見ていた私は、みんなが笑っていたことが腑に落ちない。しわくちゃで貧相で、脱ぎ捨てられた浴衣はあんなにももの悲しいのに。

                    * * * * * *

銀色夏生の出たばかりの本、『空の遠くに』を読みました。今回のつれづれノートはいろんなことを考えさせられ、読み終えたあとで心がしんみりしました。 ほんとうの意味での自由を手に入れるためには優しさだけではなく、厳しさもひつようみたいです。
人一倍おこりんぼうで気が強い私。だけど厳しさがあるかと問われると「はい」とは言えない。
前回のつれづれノートを読んだ時に感じた夏生さんとイカちん(旦那さん)とのほのぼのとしてあたたかい関係が、今回ではかなり変わっていました。浮き足たつようなワクワクした恋人時代が過ぎ、ともに暮らすパートナーとしての関係への変化が文中から伝わってきます。
変わることをおそれてはいけない、とうぜんのこととして受けとめよう…そんなことを思いながら新しいつれづれノートを読んだのです。   
  

9月4日(月) ★ チョコレート指数は3 ★

1日の金曜日から、夫の会社の保養所がある上毛高原の山荘に1泊してきました。
群馬と長野の境目あたりにあるのどかな場所。高原だから涼しいと思って行ったのですが、日中はとても暑くて「軽井沢のほうがぜんぜん涼しい」なんて夫のそばでつぶやく・・とても感じが悪い私。
山荘には温泉があって、生まれてはじめて露天風呂にも入りました。あいにくの天気で上を見上げてもただ黒い空があるだけ。漆黒の空はひとりで入っている私を不安にさせ、そそくさと中の室内の温泉にはいり直します。
だあれもいない大きなお風呂。気持ちがいいお湯が身体にまとわりついて、「ふーぅ」なんて大きなため息をひとつ。ここにラベンダーの精油を垂らすとしたら、一瓶ぜんぶ使いそう、そんなことをお風呂の中でのんびりと考えてみます。

近くに水上温泉があるのですが、山梨の石和、箱根の秘湯(?)など、ひなびた温泉街の前を通った時に感じる”いんび”な感じがまったくなくて、まさに「湯治」というイメージがピッタリの温泉街。ちょっと物足りなさを感じた、いけない私。

月夜野・・というきれいな名前の町。霞がかった薄い群青色した山々に囲まれた小さな集落。高いところを走る高速道路から見た時とても幻想的で、そこだけがまわりとはちがう、ひとつの完結している世界に「きれい」と思わず身を乗り出します。この月夜野町にある びーどろパークで、曲線がいい感じの緑色がかったガラスの器を買いました。今、水色の花びらを数枚浮かべてテーブルの上にあります。

玉原高原にあるたんばらラベンダーパークにも行ってきました。5万株のラベンダーを見ることができる、というのでかなり期待したのですが、開花の時期は過ぎてしまっていて、リフトで上にのぼって、やっとラベンダー畑の一部を見ることができました。リフトに乗っているとき、夫がはずみをつけるように足を大きく揺らしているのを注意したら、「こうするとリフトのスピードが上がるんだよ」と、すぐ分かるうそを真顔で言っていました。
背高のっぽの草たちが時々私の足にあたってこそばゆかったり、途中から眠くてしかたがなかったり…夏山リフトの道中は楽しかったです。



9月3日(日) ★ チョコレート指数は3 ★

夏にすっかり参っている私を心配した夫が、一昨日から一泊のミニ旅行に連れ出してくれました。行き先は群馬と新潟のちょうど境目あたり、上毛高原です。その時の詳しい道中の様子などは、近いうちに日記で紹介させてくださいね。

旅行に行っているあいだ、うちの猫を近くの動物病院に預けたのですが、そこは友人たちから「いいよ〜」と太鼓判を押された評判のいい病院。だけど、そこの院長をはじめて見た私は、「苦手・・」なんて一瞬のうちに思ってしまったのです。話し方もやさしいし、丁寧な説明は誠実な感じをあたえるのに、なんだかしっくりこない…これはきっと私とその先生との相性のせいなのでしょうね。不思議なことにうちの猫とも相性が悪いみたいで、とつぜん”おこりんぼう”に変身した猫に、先生はずいぶん手をやいてしまったとのこと。

今回の旅で泊まった先の温泉。自宅のお風呂とはくらべものにならないほど大きなお風呂に、手足をのばしてゆっくりとはいります。たしかに気持ちはいいのですが、湯のあたりが肌にしっくりこない・・伊豆の温泉だと肌が嬉しくなるぐらいしっとりすべすべになるのに、この温泉ではそれがないのです。きっとこれも私の肌との相性のせいなのでしょうね。

メール友達から薦められて『ホワイトアウト』の本を読み始めたのですが、この本も私との相性が悪かったみたい。本の内容はきっと面白いのでしょうが、読みながら何度も挫折しそうになり、結局読むのをやめてしまいました。近いうちに観る予定にしていた映画の『ホワイトアウト』のほうも急きょとりやめです。「面白いよ〜」とすすめてくださった方、ごめんね。

なんだか悪いことばかり並べてしまったけど、人、土地、物、本…相性ってぜったいにあると思う。そして、その相性は人それぞれなところがやっかいで面白い、ですよね!

                     * * * * * *

雑誌の付録についていたソフトでずっとHPを作ってきた私だけど、このあいだから少しずつDreamweaverというソフトで作り替えています。分厚いガイドブック片手に悪戦苦闘する毎日。かなり難航しています。私のHPに遊びにきてくださったみなさんの中で、もしきちんと表示されないなどの不都合があったら、ゆめさんにメールで教えてね。