8月29日(火) ★ チョコレート指数は3 ★

ソファーの上、飼い猫をはびらせながらの長電話。
心の元気がなくなると、こうやって友人のうちに電話をかける私。ふだんは自分からめったに連絡しないくせに・・
「子供の学校が始まったらゆっくり会おうね」なんて、むすびの言葉で電話を切ります。

たくさんお話してすっきりした私は、夕方5時すぎから出かけました。涼しい、まではいかないけど、それでもこの時間になると日差しはやわらぎ、ずいぶんと過ごしやすい。横を通るせせらぎの音を聞きながらいつもの道を歩きます。
犬を連れた人、水路に釣り竿を垂らしている男の子たち、石のベンチに座って井戸端会議をしている若いママ…木々の下、オレンジ色の木漏れ日がまぶしくて、薄い茜色のヴェールに包まれていく景色たちになごみます。
たくさん葉をつけた木も伸び放題の草たちもうっそうとしているくせに、どこか殺風景な夏の自然・・・
むんと、草の匂いだけを強く感じました。


8月28日(月) ★ チョコレート指数は2 ★

身体の調子をくずすと、そのあとでかならずと言っていいほど落ちこんでしまう私。
心のどこかで自分の身体が弱いことを気に病んでいて、それをコンプレックスに感じているのかしら。
「どうせ私の気持ちなど、人は分かってくれない」
そんなことなどつらつら考えたりなんかして、すっかりドラマのヒロイン気分・・
やな女です。
もうすぐ9月だというのに暑さはそのまんま。明日はどんなささいなことでもいいから、心が元気になるものを見つけたい。
そうだ・・セブンイレブンのソフトクリーム、明日こそは食べよう。

今日は早く寝ます。


8月27日(日) ★ チョコレート指数は3 ★

食欲も少しずつだけど回復してきました。きょうは夕食の時にシメジと牛肉の混ぜご飯をおかわりした私・・上出来です。

銀色夏生の「つれづれノートH」、保坂和志の「この人の閾」、久世光彦「聖なる春」、山田詠美の「ひざまずいて足をお舐め・・など6冊の本を買いこんでごきげんな私。ぜんぶ前から読みたかった本なの。見つけることができなかった画像処理ソフトFireworks 3の本は、インターネットの本屋さんで注文しました。元気になると、とたんに金づかいがあらくなる私です。
そうそう、辻 仁成がヴォーカルをしていたロックバンド・エコーズのCD、『ZOO』をついに入手。今ちょうど聞きながらパソコンの前にいるのだけど、あのちょっとかすれた声がセクシー。私は歌を歌うことが下手なので、歌の上手い人は尊敬してしまいます。

デパート内のエスカレーター。私の前、一段下にいる夫をほんのちょっとからかうつもりで、つんと自分の胸で夫の身体を軽く押したつもりが夫の身体はバランスをくずし、もう少しで足を踏み外しそうに・・
「ああ、こわっ」
ふり返った夫の顔は少しおこっていました。
悪ふざけもたいがいにしないと、ね。夫くん、ごめんなさい。

                      * * * * *

リンクのコーナーを更新して、6つのページを紹介しました。どのページも私の好きなページばかり。みなさんぜひ遊びに行ってみてね。
普通の主婦が作ったつたないページなのに、たくさんのサイトが私のページにリンクを貼ってくださって、とても感謝しています。相互リンクは今年の3月からおこなっていませんが、私のページはリンクフリー。こんなページでよかったら、じゃんじゃんリンクをしてやってくださいね。
というより、はってくださるととてもありがたいです。


8月23日(水) ★ チョコレート指数は3 ★

夫が借りてきた映画、『犬、走る』を見る。
題名からほのぼのとしたヒューマンタッチの映画を想像していた私は、最初のシーンから驚いてしまったのです。
このような映画を主婦が昼間っから見ていいのだろうか…
そんなことを思いつつ、最後まで全部見た私。めちゃくちゃな不良刑事中山(岸谷五郎)がとにかくすごくて、ゆめさん、目がまん丸・・

●最近あった出来事を書きます。

ジュリ(猫)の眉間に白髪が生えました。
白の鉄砲百合が3本届きました。
実家からジャガイモがたくさん送られてきたのに、となりの奥さんから「どうぞ」とジャガイモをもらいました。
友人の猫の顎にほくろができました。
ベーコンと玉ねぎをいためて生地にくるくる巻き込んだパンを焼きました。
宅配のおじさんの汗にしんみりした私は、麦茶を出しました。
夫から・おやじリンクという面白いホームページを教えてもらいました。
バーミアンで小さなファービー人形(ベビーファービー)を見つけて、欲しかった。
2キロ痩せました。


8月22日(火) ★ チョコレート指数は3 ★

久しぶりに借りて見た映画『コキーユ/貝殻』がとてもよかったのです。
同窓会で久しぶりに出会った男女が恋に落ちる、というストーリーはよくありがち。
「メロドラマみたい」そんなことを思いながら見始めた映画ですが、ゆっくりと静かに進む大人の恋愛が、夜、ひとり、私の心にしんしん沁みてきます。くわしい感想はCINEMAのコーナーで紹介させてくださいね。
深夜の12時から映画を見始めたものだから、見終わった時は2時近くにもなっていました。具合が悪いなんて言っておきながら、夜更かしばかりしている私です。寝具のそばにアイスクリームフレバーのリキュール酒などを持ちこみ、氷を浮かべたグラスをカシャカシャさせながら、深夜見る映画だとか、深夜番組の楽しいこと。

7月からいっせいにはじまったドラマ…けっきょく今見ているのは水曜日の夜9時からフジテレビ系で放送されている『愛をください』と、木曜日の同じく夜9時、テレビ朝日系でやっている、『つぐみへ…』このふたつだけになってしまいました。この『つぐみへ…』のドラマ、あるMLで知ったのですが、私が住んでいるところのすぐ近くで撮影がされていたのですね。ミーハーな私はとても嬉しい。

                      * * * * *

残暑見舞い&夏休み特別企画チャート!!に参加しました。協力してくださった方、足踏みしている私を指導してくださった方、ほんとうにありがとうございます。


8月20日(日) ★ チョコレート指数は2 ★

ホームページを開設している奥さんって私もふくめて多いと思いますが、だんなさんはそのページを見ているのかしら?
私の夫は最初のうちは見ていたらしいのですが、今は見たり見なかったり、あまり熱心な読者ではないようです。本人に言わせると、照れくさい・・のだそうです。
「見て見て!」
しぶる夫をパソコンの前にすわらせ、時々私のページを無理やり見せている私。なんだかいじめているみたい・・ 夫の会社の人も私のHPの存在を知らないので、のびのびと日記が書けることは嬉しいのだけど。
そう、他のコーナーは見られてもべつに平気なのですが、日記のコーナーは身内の人に読まれるのはなんだか恥ずかしい。私のページを読んでくれている友人たちに言わせると、日記よりも本の感想のコーナーほうが「」がまるごと出ているらしいのですが。
「○○ちゃんて、女なんだね〜」
そんなことをあらためて言われると、こちらが照れてしまいます。

                   * * * * *

すぐれなかった体調ですが、少しずつ回復しているみたい。
女性特有の貧血に、夏風邪と夏ばてが一気にやってきて、私の元気をさらってしまった、そんな感じ。こんな時、アロマポットでラベンダーとローズゼラニウムの精油を焚き、薄い毛布にくるまれて昼間から眠っていると気持ちがいい。玄関チャイムが鳴っても居留守を決めこみます。
ちょっとだけ病人気分、味わっています。不謹慎だけど。


8月17日(木) ★ チョコレート指数は4 ★

NTTの接続サービス「フレッツアイ」を使い始めたのですが、常時接続に慣れていない私は、つい切ってしまいそうになります。
「もし、違う電話番号にかけたとしたら、いったいいくら電話代をとられるのだろう」
そんなことを思うとこわくなってしまい、つい接続先の電話番号を何度も確認してしまう私。慣れるまでにはまだまだ時間がかかりそうです。
今日はパソコンにとても詳しいSさんが来宅。いろんなことを教えてもらいました。とても感謝しています。どうもありがとう! ただでさえボーッとしているのに昨日からの貧血が拍車をかけたみたい・・・ あっ、これは私の”のみこみ”が悪いことの言いわけです。

いろんなことが私のまわりで少しずつ動きはじめています。新しいことにいつも後込みしてしまう私ですが、私のペースでひとつひとつを受けとめてゆかなくては、ね。

貞奴さんの本、『アタシ困リマス』の本を書店で見つけました。アラーキーが撮った彼女は、はだけた感じが色っぽかったです。彼女独特の言葉がつらつらと本におさまり、最後のほうにあった「私は霞を食べて生きています」というぶぶんがとくに気に入った私・・。むかしからあるフレーズがなぜか新鮮で、心の中でくり返してみます。お気に入りの歌のように。


8月16日(水)

息子とふたりで遅い昼食。自分で焼いたライ麦パンにマヨネーズたっぷりのポテトサラダをこんもり乗せ、具を落とさないように、おそるおそる不自由に食べる幸せ。

「地獄に落ちてもいい。君と一夜を過ごせるなら」
ダイニング横のテレビからは親子の昼食風景にはおよそふさわしくない、濃厚なラブシーンが映し出されます。フジテレビ系でお昼の1時半から放送されている『女同士』という番組。数日見なかっただけで主人公の女性のお相手が変わっているのが気になるところ。
ベッドの上で愛し合っている男性はたしか主人公と同じ会社の人。たしかこの彼とは別れて、マスターとつきあう決心をしたはずでは。

「ひぇー、もうすぐマスターと結婚するくせに、どうすんだろう」
興奮気味の息子のユージ。
そんなユージを目の前にして、とても複雑な気分の私なのでした。

                    * * * * * *

作家、保坂和志の公式サイト、・保坂和志公式ホームページ が私のページにリンクを貼ってくださいました。のどかで平和な気持ちになる彼の本が好きな私だから、とても嬉しかった。ほんとうにありがとう!


8月13日(日) ★ チョコレート指数は3 ★

今日はあいにくの雨。
全粒粉やライ麦の配合されたずっしりと重たいパンが続いたので、今日はミルクやバターのたっぷりはいったふわふわパンを作りました。栗原はるみさんのレシピをもとに作ったこのパン、シナモンと砂糖を混ぜこんで、よりスイートにお菓子っぽく作ってみました。
キッチンの台の上、ボウル、粉類、スケール、容器に入った砂糖…パンづくりのための調理道具や材料がところ狭しと並んでいます。だのに、今日にかぎってチーズケーキを作り始めた夫。ガラス(パイレックス)製のボウルは私が使っているので、アルミ製の大きなボウルを戸棚から出してきて、慣れない手つきで計量した材料たちをシャカシャカと泡立て始めます。けっして広くないキッチン・・私のすぐ横で、大きな身体の夫が繊細なお菓子づくりに”力まかせ”に挑みます。
「暑い・・」
夫から発せられる熱気がむーんとキッチンに充満して、半分のぼせそうな夏のパンづくりでした。
かんじんのシナモンパンですが、とてもおいしくできました。フワフワの焼きたてをパンナイフで切り分け、「おいしいね」なんて言いながら並んでいただいたのです。


8月10日(金) ★ チョコレート指数は3 ★

数日前から猫のジュリが、変な声を出し始めました。
はじめてその声を聞いた時、息子とふたりでちょうどみそラーメンを食べていた私は、その瞬間、思わず箸を落っことしそうになったほど。その声を文字で表すのはむずかしいのですが、明るくはっきりしたうなり声・・そんな感じ。とても猫が発する声には聞こえない。
「どこか痛むのかしら?」
それでも最初のうちは心配していたのですが、食欲もしっかりあるし、なにより元気だし、ふだんはふつうに啼いているのに時々なんでそんな声を出すのか、まったく分からない。
唐突に発せられるジュリのそんな声を聞くたび、本を読んでいる時は本を、お酒を飲んでいる時はグラスを思わず落っことしそうになる私なのでした。
帰宅した夫がお酒を飲みながら夕食をとっていたら、ソファーの上でくつろいでいたはずのジュリが、またあの声を。
「ジュリは人間の言葉をしゃべる練習をしているんだね」
ほろ酔いかげんの夫が猫にむかって話しかけます。ようく聞いてみると、たしかに人間の声に聞こえないこともない・・

「うちの猫は人の言葉がしゃべれるの」
「このあいだからおなかがすくとゴハーンと訴えるようになりました」
雑誌やテレビなどにたびたび登場しては猫バカぶりを発揮している芸能人たちがいます。
それらを見聞きするたび、「ああはなりたくないもんだ」なんて思っていたくせに、いつのまにか私も”猫バカの輪”に仲間入りしているのかも。


8月8日(火) ★ チョコレート指数は3 ★

昨夜7時からテレビ朝日系で放送された「21世紀の石原裕次郎を探せ!!」という番組。グランプリに輝くと賞金1億円がもらえるというスケールの大きなオーディション・・最後まで残った10人の男性たちのかっこいいこと。
膝の上に乗りたがる猫を「しっ!」なんて追い払いながら、いつになく真剣にブラウン管をのぞいていた私です。テレビを見ているうちに、ハンサムな男性が大好きな友人たちの顔がうかんできます。
「○○さん、テレビ欄のチェックを忘れないでちゃんとしたかしら?」
「△△ちゃん、今テレビを見ているとよいのだけど」
そわそわと落ち着かない私。
「そうだ!教えてあげなくては」
電話機まで行きかけたのですが、女子高生ではあるまいし、はしゃぎすぎのような気がしてやめておきました。
今朝「めざましテレビ」でもその時のようすをやっていたけど、グランプリを受賞したとくしげさとるさんのことばかりをとりあげていました。他の番組でもそうなのかしら。だとしたら昨日見なかった人はやはり損をしているぞ。

                      * * * * *

暑さにまいっているのは人間だけでなく、ハーブたちもいっしょ。夕方涼しくなってからハーブや花の手入れをするのが日課になっていますが、弱った葉や虫にやられてしまったもの、そのぶぶんを思いきって取りのぞきます。今の時期は植物たちにできるだけ負担をかけないようにしてあげる、それがポイントみたい。
ワイルドフラワーって知っていますか?野原に咲く自然な草花たちのこと。ひとつの袋の中にさまざまな種類の草花の種たちが入っているので、どの芽がどんな花になるのかわからない。予想がつかない花色・・なんだかワクワクしてきませんか。そのワイルドフラワーの種を秋になったらプランターに蒔くことがもっかの私の夢なのです。
もっと涼しくなったら、あれもしたい、これもしたい…なかなか来ないに、恋焦がれています。


8月5日(土) ★ チョコレート指数は3 ★

今日、夫は事務所の引っ越しのために出勤。あざみ野駅まで車で送ります。江田交差点246の道路も苦手な私は緊張の面もちで車を走らせ、帰路の途中で大好きな本屋さんへ。
連日の暑さでバテ気味、不機嫌モードの私でしたが、本屋さんはやはり楽しくて「来てよかった」なんて心がにこにこしてしまう。
その日の気分によって読みたい本がちがう私は、本をながめながら今日の気分をさぐります。銀色夏生という気分ではないし、相田みつをという気分ではもっとない・・・ しいていえば山田詠美な気分の私は、文庫になったばかりだという『4U』を手にとります。ずっと喫煙の習慣はないけど、時々無性にタバコがすいたくなる…彼女の本が読みたくなる気分はこれと似てる。
村上龍の新作『希望の国のエクソダス』も今気になっている本。作家、というよりひとりの男性として好きな彼ですが(じつは私のタイプ)、見るたびにまあるくなってしまって、最近ではあまり魅力が感じられない。”おじさん”になってしまったのはさみしいです。前みたいにもっととがって欲しい。

                       * * * * *

こう暑いとファッションにも気合いがはいりません。今日は白のカットソーにジーンズといういでたち。これではあまりにもあっさりしすぎのような気がして、太めでデコラティブな指輪をひとつはめてみます。指先にジェルをつけ、くしゃくしゃと髪の毛を遊ばせるように無造作に散らし、鏡の前、自分の姿に少しだけ満足。
早く秋になって欲しいです。そうしたら私の女度が上がりそうだから。

8月4日(金) ★ チョコレート指数は4 ★

軽井沢に行ってきました。
12年前はじめてこの地を訪れた時、軽井沢はちょっとしたブームになっていて、どこを歩いてもとにかく人、人… 通りの両脇には若者向けのお店が建ち並び、まるで渋谷の喧騒をそのまま再現したみたいなにぎわい。
今の軽井沢はそのころがうそのよう、静かで簡素で贅沢なぶぶんを残しながらも落ち着いています。そのころにあったお店のいくつかはなくなってしまいましたが、私のお気に入りの場所は今でも残っていて、そこに行くとホッとしてしまうのです。
お散歩と読書を楽しむ…滞在の目的でしたが、けっきょく江國香織の『泣かない子供』の本を1冊読めただけ。籐のかごのついた赤い自転車を乗りまわし、自然がきれいなお気に入りの場所に行っては、そこにたたずんでぼーっと外をながめる時間が心地よかったのです。
旅の楽しみのひとつにいつもの日常から離れる、というのがあります。私が住んでいるところはそんなに街、というわけではないけれど、それでもテンポの早い時間の流れにいつのまにか置いてきぼり。私の中に流れるゆっくりした時間があっぷあっぷしてる・・そんな時、旅に出て別な時間の流れに身がおける、というのはなんという幸せ。どこに行ったか、ということより、どのように過ごしたか、ということがきっとたいせつなことなのでしょうね。私が私らしくいられ心がのびのびできた、とてもいい旅でした。

嬉しかったこと・・・
軽井沢銀座の目立たない場所にある一軒のお店。骨董品などの古い物と海外から輸入されたモダンな新しいものが融合したお店があります。そこのお店にいた三十代半ばぐらいの女性がとても素敵な方でボーッと見とれていたら、お店を出たあとで、夫があの女性が私に感じが似ているとさらっと言ったのです。
「ほんと、ほんと?!」
嬉しくて何度も確認した私。姿よりも受ける感じがいっしょということですが、彼女の少しはにかんだような笑顔や話し方を思い出しては、心がほっこりしています。

鹿島の森の散策、万平ホテルでの午後のお茶、鳥がやってくる小さな美術館…お気に入りの場所の写真もいくつか撮ったので、近いうちにESSAYのコーナーで紹介させてくださいね。