2月28日(月) ★ チョコレート指数は3 ★

四角四面のパソコンが場所を占めている、そんな書斎の雰囲気をやさしい感じにしたくて、自分のパソコンの横にミニサボテンをふたつ並べて置いてみました。ひとつはなんだかヌボーっとしていますが、もうひとつはてっぺんに生えているトゲが、まるで髪の毛ようで気に入っています。
そして、そんな私に対抗するかのように夫が自分のパソコンの上にブースカの人形を並べたのが昨日のこと。とても小さいこのみっつの人形たち、まん中のちっとも可愛くない受け口の人形はブースカの恋人だということ。ふーん・・っていうカンジです。

パソコンが置いてある小さな書斎をいい感じにしたくて、黄色が印象的なキースハウリングの絵を飾ったり、ガラスのグラスに挿したミニ観葉を窓辺に並べてみたりと、自分なりにいろいろと工夫しているというのに、なぜにブースカなのでしょう・・・
こうなったら、天井から吊されたライトのシェードをブリキ素材の明るい色に替えたり、文字がやたらハッキリした丸い形の時計を壁に掛けてみたり… そんなレトロな感じの部屋づくりを目指そう、そう思っているところ。

いい感じにゴチャっと楽しくて、でもどこか懐かしい、そんな部屋になってくれるといいな。


2月23日(水) ★ チョコレート指数は3 ★

気がつくと一週間ぶりの日記。

映画のビデオを3本見た。
息子の身長が少し伸びた。
シンメトリーな男…いう題名の本を買った。
髪の毛をカットした。
いまどき茶髪にしようかとも思ったけどやめておいた。
夫に、「○○ちゃんはココリコの遠藤が好きなんだろう?」と言われた。
大阪で美容師をしている友人から電話がかかってきて宗教の話を聞いた。
体重が1キロ減っていた。

この一週間、あったこと、気がついたことなどです。
こうやって列記してみると、たいしたこともない平凡な毎日。

                    * * * * * * *

先週からホームページの見直しやファイルの整理などをせっせとおこなっています。来月、ページを開いて2年になるのですが、いつのまにかファイルやページの数が増えていて、それらを整理する作業が必要になったようです。
ただ、私はこういう地味な作業が大の苦手。
ほんとうはこのまま野放しにしておきたい、というのが本音なのです。
そんな心づもりでいるものだから、いろんなことが中途はんぱ、そのままの状態で宙ぶらりん・・・
せめてもとBOOKのコーナーの月ごとにダラダラと書いていた本の感想を著者別にまとめてみました。それも50音別。これって私にしたらすごいことなのです。ふふ・・
だけど1998年ぶんを終えるとその後が続かない。
これからぼちぼちと私のペースでがんばるつもりなので、よろしくね。


2月15日(火) ★ チョコレート指数は3 ★

朝、ベランダに通じる窓をあけると、ササっと私の足もとをかげのように横切る猫…。
夫が日曜大工で作ったミニ縁台の上にかけ登り、ガリガリとはでな音をたてて爪を研ぎます。そこまではずっと今までも続いた猫(ジュリ)の毎朝の習慣。その後でオリーブの鉢植えのところに行く、これが今年から加わったのです。
このオリーブの木、今年の始めに旅行で訪れた熱海のハーブ園で苗を購入して、素焼きの鉢に植え替えて育てているもの。冷たい風がもろにあたるベランダでも葉を枯らすこともなく、そのまんまの姿で立っています。そんな木のもつ安心感が猫にも伝わるのでしょうか・・このオリーブがジュリは大好き。鉢のふちに前足をかけるように乗せて、精一杯の背伸びでオリーブの葉の香りを楽しんでいます。伸びた背中といっしょうけんめいな前足、ふんふんした鼻がすごくかわいい。

その後、猫はオリーブが植えられた大きめの鉢の上でひと休みします。きっと身体には土がついてしまうけど、それくらいはおおめに見てあげよう。
ジュリの毎朝のこんなひととき…きっと自然に触れることができる、とても大切な時間だから。

                      * * * * * * *

強い人になりたいと思います。
気は強いのですが、そういう強さではなくて、現実に立ち向かっていく強さ。
”やんわり”もいいけどキリッとしたぶぶんがもっと欲しい。
強さを伴わないやさしさ・・それはほんとうのやさしさではない、それに気づいたのはわりと最近のこと。自分が強くなれると真のやさしさを持つ人を見分けることができる、そんな気もしています。


2月13日(日) ★ チョコレート指数は3 ★

昨日は横浜市港北区新吉田町にできた港北スリフトモール”hernet”まで行ってきました。
スリフトモールとは常設のフリーマーケット(一坪ショップ)のこと。たぶん、もとは倉庫だった広い会場にはたくさんのお店がゴチャゴチャ並んでいて、その乱雑さが楽しい。
なんでも102のフリマブースがあるとのこと。フリーマーケット…各家庭のいらなくなった物を売っている、そんなイメージがあったのですが、アジアの雑貨たちや金ぴかの仏像の絵、手作りのアクセサリー、手染めの敷物、なぜか園芸用の木酢液やネイルアートのお店まであって、統一感はないけどワクワク感でいっぱい。
中でも、いい感じにカラフルなアフリカの手作りカゴ、バティックやイガットなどのクロス類が、布マニアの私にはたまらない品揃え・・・
古着関係のブースもたくさんあって、たっぷりしたフェイクファーがエリにあしらわれた細身のジャケットや光った素材のテレンテレンの派手なシャツを前に、思わず「これ、誰が着るの?」
店頭にミッチー(及川光彦)が立っていると似合いそう。

古着をあつかったお店が並ぶ中、あるブースに置かれた服がとても私好みで、嬉しくなってしまったのです。シンプルな服が多いのだけど、全部どこかに色っぽさ、女らしさがあって、たとえばTシャツは胸のあたりが大きめにあいていたり、ニットのアンサンブルも襟ぐりのところにちょっとだけ女性らしいアレンジがしてあったり、そんな女エッセンスがよかったのです。棚の下のほうに無造作に置かれた、くたくたのリーバイスのジーンズとウエスタンブーツもいい感じ。

*スリフトモール”hernet”のホームページがあります。
興味がある方は見てね。 ここをクリック


2月9日(水) ★ チョコレート指数は3 ★

ベランダでハーブを中心に植物を育てている私ですが、この寒い中、ニオイスミレがつぼみをたくさんつけ、その中のひとつが今日花を咲かせていました。
朝起きると雪がきれいだった寒い冬の日、季節を忘れてしまったかのようなニオイスミレがいとおしい。
私は野の花のような風情のある花が好きです。幼いころ、近所の空き地でよく遊んだ私のまわりにいつもあった野の花…
スミレ、タンポポ、しろつめぐさ、ヒメジョオン、カラスノエンドウ、レンゲ草・・・
私がハーブや野の花に惹かれるのは、幼いころのそんな思い出が心に残っている、きっとそのせいのような気がしています。

男性が撮る花の写真って、どうしてあんなに艶めかしくて花から女を感じてしまうのでしょうか…。
花を見る視点が女性とは違っているのかな?
アラーキーの撮る花の写真なんて、ながめるだけでドキドキしてしまう。
黄色の花粉がつきそうで、手にとるのをためらってしまうユリの花、だとか、女性そのもののような蘭の花、びっしり種が中に詰まったヒマワリ、あんなにきれいに咲いていたのに、次の日は首の根元からボトンと下に落ちている椿の花・・ 私がかつて苦手だった花たち。
清純、だとか、きれい、だけではすまされない、そんなあやうい美しさのあるそれらの花に、今はとても惹かれます。

*花の好きな方たちのページを結ぶ、・花リレーという花好きリングに参加しています。
その花リレーのコーナーを更新しました。
桜の花、そのアレンジの写真を載せていますので、よろしかったらごらんになってくださいね。
ひとあし早い、テーブルの上の春を届けます。


2月6日(日) ★ チョコレート指数は1.5 ★

書斎にあるふたつのパソコン・・置いてあるふたつのデスクをひとつにまとめたくて、特注で作ってもらったデスクが昨日届いたのだけど、奥行きのサイズが思ったより狭くて、ガッカリ。
「前より狭くなったじゃないの」
そのままズバリの私の発言に、夫の機嫌の悪いこと。

グレーのフラノのパンツに合わせて着ていたお気に入りの赤のセーター・・今日、肩のあたりがほつれていることを発見。これっていつからなの?

プリンターが汚れていたので洗剤を吹きつけて掃除をしたのが昨日のこと。
今日プリンターを使おうとしたら、うんともすんとも動かない。
こわしちゃったみたい…

テーブルヤシ、枯れる。

小さな不幸も重なるとちっとも小さくなくて、落ちこむ私…

私が映画のビデオ『菊次郎の夏』だとか『富江』をショップで借りている時に、夫が借りたCD、福山雅治さんのDearを聞きました。やさしく語りかけてくれるような歌声にひざなんか抱えてじっと聞いていた午後。
高音が印象的・・ そんなイメージがあった彼の声ですが、低温がすごくいいの。
歌を聞いているうちに身体がリズムに合わせて小さく左右に揺れてきて、目の前にもし彼が現れたとしたら、私、きっとついていく…音楽を聞きながら、そんなことなど思います。
私ってあんがいと”かんたん”な女なんだなあ、そう思うとなんだかおかしくて、ちょっと元気がでてきたのです。


2月2日(水) ★ チョコレート指数は3 ★

昨日、ホームページのKITCHENのコーナーを更新しました。なんと半年ぶりの更新です。せめてキッチンの写真を引っ越す前のものから今のものに替えてアップしよう、そう思いたっての更新だったのですが、始めると「ついで」ということで、カゴ収納からキッチン雑貨まで、どんどん新しくしていった私です。
日記のような文章だけの更新と違って、写真が入るページの更新ははっきり言ってたいへん。何枚もデジカメで写真を撮り、そのうちから一枚を選び、それを専用のソフトで明るさなどを修正していきます。そしてその写真のコメントを考えて、ページにバランスよく写真と文章とweb上から持ち帰った素材を配置していくのです。ページの管理者・・経験者だったら、この苦労、分かりますよね?
日記がいつも15分ぐらいで書いているのにくらべて、3時間以上もパソコンの前に座っての作業は続き、その間相手にしてもらえない寂しさからか、横でずっと啼いていたうちの猫…。
「し、信じられない〜!」
やっと静かになったのでホッとしていたら、なんとうちの猫、これみよがしに書棚の前でピュッなんてオシッコを…。
ジュリ! 私が大声を出すと、慌てふためいた様子でリビングに逃げこんだのですが、今度はリビングボードの下の段に敷いてあったクロスの上で、またオシッコをひっかけるという快挙にでたのです。いくら相手にしてもらえなくてさみしいからといって、これはないですよね〜。
雄の猫にこの現象はよくあるとは聞いていましたが、うちの猫は雌でおまけに高齢・・・ 甘えん坊ぶりは年々激しくなっていくようで、これからのことを思うとちょっとため息がでてしまう、私なのでした。
猫をこれから飼おうと思っている方がいたら、これだけは言っておきたい。猫がお家にくることは、子供がひとり増えるのといっしょ。猫との生活は砂糖菓子のようにあまくて楽しいのだけど、大変なこともいっぱい背負わないといけないのです。

・・・今はジュリ、私のひざの上で気持ちよさそうに眠っています。


2月1日(火) ★ チョコレート指数は3 ★

夫の風邪がうつったのでしょうか、昼すぎあたりから身体がしんどくてずっと横になっていた私です。
「やっぱり・・・」
夕飯の用意をはじめるために起きあがり、鏡で自分の顔を見ると、いつもの顔のそばかすが濃くなっています。そばかすってなぜか疲れるとてきめんに濃くハッキリと浮き出るから不思議。

私の鼻の上にぽちっとある”そばかす”ですが、物心ついた時にはすでにあって、だからとても長いつきあい。
むかしはこのそばかすがイヤでコンプレックスにもなっていたのだけど、それが平気になったのは”恋”をしてから。意外でしょ?

ずっとあった私のそばかす・・なぜか私がおつき合いをした男性には好評で、「かわいい」なんて言ってくれる人が多かったのです。それに気をよくした私は、ファンデーションを薄めに塗ってナチュラルメイク。ほとんど素顔の顔にはそばかすがいつも笑っていて、それが疲れるとよけいに濃くはっきりとうつって、私の体調のバロメーター。
自分ではコンプレックスになっていることが他人には”よい”ふうに見えている、そういうことってもしかして多いのかな。

結婚する前のことですが、夜店で弟が買ってきた一匹のひよこが、寝ている私の鼻の上をしきりにつつくのでおかしいなあ、そう思っていたら、弟いわく、ひよこのエサと私のそばかすはとてもよく似ているので、きっとひよこが間違えたに違いない・・・ということでした。ほんとかなあ〜。

意外と知られていない、そばかすがある芸能人といえば吉永小百合さん。知らなかったでしょ? あと荻野目洋子さんも素顔はそばかすでいっぱい。私が何が言いたいのかといえば、そばかすがある人は美人が多いということ。(笑)