:Name:
:Mail:
:Web:
:subject:
:Password: :Cookie:


#1922 また荒らしがやってきました。 Name:s.shirai Res
ご無沙汰しています。

また、BBS荒らしにURLが見つかってしまったようです。
このまま続くようでしたら、またURLを変更します。

トップページからのリンクを頼りにしてください。
もう少し様子を見ます。

では。
>> 2007/02/08 00:20
 #1930 Re:また荒らしがやってき... maruko
了解しました。
ご苦労様ですm(_ _)m
>> 2007/02/08 19:14
 #1964 Re:また荒らしがやってき... まめお home
また荒らしにやられ始めましたね。
どうやって見つけるんだか・・・
ほかの事に知識とエネルギーを使えば、色んなことができるだろうに。
管理人さん、ご苦労さまです。
>> 2007/02/12 10:55


#1868 原因よりも Name:まめお home Res
コマダムさんも、悲しい経験をなさいましたね。
残された肉親や親しい人たちが、世間の中傷や非難、疑念・・・などにさらされるのは、本当に辛いことです。 中には、ご自分の信念や信条、あるいは宗教などにもとづいて、残された者にあるべき「心構え」を押し付けてくる人もいます。 結果として、人の心の奥深くに入り込み、大切にしておきたいものを土足で踏み荒らす結果にもなります。 本人には全く悪気が無いだけに、対応するこちらも困惑し、傷を深めてしまうことも。 私も身をもってそれを味わいました。

この春、突然最愛の友が亡くなってから、私は人の死の「原因」について考えないようにしました。 人の死の原因をああだこうだ詮索し、理由付けすることは余りに不遜なことであり、その人の生と死を冒涜するに等しいような気がします。

私の友も鬱病でした。 それは彼女の死の一因だったかも知れませんし、そうでなかったかも知れない。 それは神だけが知ること。 正解の無いことを思い悩むより、彼女が生きていた間に私の心に残してくれたもの、そして彼女がこの世に残したものを大切に思い、認めてあげることの方が大事なのだと思うようにしています。

ただ・・・・
親しい人が亡くなったことを心で納得できるようになるには、頭で理解できるようになるよりも遥かに長い時間が必要なようです。
コマダムさん、ご主人に限りなく優しく接してさしあげてくださいね。
>> 2006/12/22 00:03
 #1872 Re:原因よりも コマダム
まめおさん

レスありがとうございます。
友人の奥様に電話したり、ここに書き込みしたことで、私の気持ちは
だいぶ落ち着いてきました。
なぜ死んだのかよりも、どう生きたのか、ですよね。
亡くなった友人とは、小説やドラマの趣味が似ていました。
2年ほど前に村上春樹の「ねじまき鳥クロニクル」と薦めてくれたのも
彼でした。本屋であまりの長編に驚き、読めるかどうか自信がなくて
ゆめさんの書かれたものを読んだり、ここに書き込みして、読んだ方からメッセージを頂いて、ようやく重いページを開いたものでした。
他にもたくさんの本を彼に薦められて読みました。
人生に影響を与えるのは人だけではありません。本との出会いもまた
ドラマチックなものなのです。そんないくつもの出会いを作ってくれた彼には本当に感謝しています。
私はこれからも好きな本を何度も読み直し、新しい本と出会っていこう。彼の分まで。

まめおさんも大切なご友人を亡くされ、つらい思いをされたのですね。
突然の別れは悲しいですが、私も友人の冥福を祈るだけでなく、彼が残してくれたものを大切にしていきます。
>> 2006/12/25 23:57


#1867 悲しい Name:コマダム Res
友人が亡くなりました。
友人と言っても、もう16年も会ってないし、メールだけのやり取りでしたが、大切な友人でした。
「鬱病になった」
というメールが来てからしばらくのち、連絡が取れなくなりました。
胸騒ぎがしたのですが、彼の自宅に直接電話した場合、彼の家庭がこじれる可能性を懸念して止めておきました。
それから数ヶ月。彼の奥様の名前で喪中はがきが届いたのです。
奥様に電話したところ、とても好意的にお話してくださいました。
自殺なのか、事故なのか判らない亡くなり方だったようですが、
私は不幸な偶然が重なった事故死なのだと思うことにしました。
ただ、事故だったとしても、そこに至ったのは「鬱病」という病気が
大きく影響していたのは間違いありません。
混乱したまま亡くなった彼もかわいそうですが、彼の死後、彼の両親や心無い人たちからの中傷に一人で耐えている奥様が本当にお気の毒でした。
私の夫も鬱病に苦しんでいます。
もしかしたら、ここに来る方の中にも鬱病の方がいらっしゃるのでは
ないかと思っていました。
鬱病は死に至る病気ではありません。
必ず治ります。
どこかに道はあるはずなのです。
どうかあなたのご家族を苦しめないで。
生きてください。

>> 2006/12/18 22:34
 #1876 Re:悲しい OWL
コマダムさん、はじめまして。

ゆめごこち、のゆめさんとは、掲示板やメールだけのネット上の
お付き合いでしたけれど、いつもとても細やかな心遣いを
なさる方でした。

今日は本当に久しぶりに、ゆめごこち、を訪問させていただきました。

わたしも、うつ病にはまだなってないと思うのですが
一年半前の離婚の前後からちょっと不安定で、安定剤と
睡眠導入薬をお医者様に処方していただいています。

コマダムさんのご主人様、鬱病とのこと、大変でしょうね。
またご友人のことでもとてもつらい思いをされたのですね。

うまく、気持ちを書けないのですが、(ゆめさんと違って
私は文章へた)何故か、コマダムさんの書き込みを読んで
少し楽になりました。不安定な私でも、いいんだ、と思えました。

ありがとうございます。
>> 2006/12/30 21:42
 #1878 Re:悲しい VICTORIA
初めまして。
私の夫も「鬱」です。
結婚して6年。
うち5年半が鬱との戦いです。
仕事も休職、復職を繰り返して
とうとう3年前に退職。
今は自宅療養中です。
しかも3年前に「T型糖尿病」を発症し、
そちらの治療も続けています。

夫自体、自分の病気についてかなり勉強して
人に頼らずしっかりとしているので私も
ある意味気が楽なのですが、一日も早く
社会復帰してもらいたいのが本音。
そのために私にできることをしてます。
お互いにがんばりましょうね。
>> 2007/01/06 13:45
 #1879 Re:悲しい ゆきんこ home
みなさま、こんにちは。
辛い日々も、いつかきっと☆、と信じています。

私が信頼を寄せているサイトをご紹介しますね。
たかいたかこさんという方のサイトです。
そちらの掲示板では、うつのことを自然体で語り合えますよ(^-^)
>> 2007/01/10 20:50
 #1881 Re:悲しい コマダム
OWLさんへ
夫と亡くなった友人以外にも鬱の友人が二人(女性)います。
おかげで私もだいぶ鬱に詳しくなりました。
「鬱病」の方の後ろには「鬱病予備軍」の方がたくさんいるそうです。
私も、OWLさんもそうかもしれません。
でも、何年「予備軍」であろうと「鬱病」にさえならなければ
どうってことはないのです。
私達は「鬱」に対する予備知識がある為、真正鬱になりにくいのです。それに「鬱」の方の気持ちも他の人よりは多少解ると思うのです。

心が不安定になったとき、私はよくここを訪れます。
何も書かなくても、皆さんの書かれた物を読んでいると落ち着くの
です。私も皆さんに言わなくてはなりません。

   いつもありがとうございます。

VICTORIA さんへ
ご主人もVICTORIA さんも長い間病気と戦っておられるのですね。
「気が楽」…な部分もあるとのことですが、様々な苦労や悩みも
あることとお察しいたします。
ご主人がご自分でいろいろ勉強していらっしゃるのは、かなり
心強いですね。
この病気は伝染することも多いような気がします。
VICTORIA さんが心労から鬱にならないよう気をつけてください。
私もそれだけは避けたいと思っているのです。

ゆきんこさんへ
サイトのご紹介ありがとうございます。
「語りあえる」のがいいですね。
これから探してみます。

>> 2007/01/15 14:51
 #1884 真実が友達 ゆきんこ
私も身体が重くて動かない日があります。
それに罪悪感がプラスされるので重たくて重たくて〜!!

正直、ありのままが一番です!
孤独だなと感じても、真実が友達でいてくれると思ったら
すご〜く気が楽になりました。
みなさんもどうぞ・・・

>> 2007/01/17 11:30


#1875 一年 Name:ゆきんこ Res
夢みたいな一年が終わろうとしています。
本当に夢みたい。
来年はどんな年になるのでしょう。

正直言うと
私はちょっと感が冴えすぎて
こちらに遊びに来るのをしばらくためらっていました。

亡くなった人を思い過ぎることは
その人が成仏するのをさまたげるばかりではなく
自分にも何かをひきこんでしまう。
そう実感するようなこともあり怖くなっていました。
ゆめさんが怖いという意味ではないですよ(*^-^*)

なかなかスムーズに先に進めず困難を極めていますが
それでも
愛のメッセンジャーになりたいという気持ちは今も変わりません。

またいい間隔(感覚)で遊びに来ますね(^_-)-☆

みなさまもどうぞよいお年をお迎え下さい。

☆mixiやっています。
よろしければ
ゆきんこ×にんげんのみかたで検索してみてください。


>> 2006/12/27 21:53
 #1880 ゆきんこさんへ ほたる☆
こんにちは。ゆきんこさんもmixiなさっているのですね。
私も去年の春からやっています。
ゆきんこ×にんげんのみかたを検索してみたのですが、うまくヒットできませんでした…。
よかったら私はニックネームほたる☆、静岡県静岡市在住、33歳、大学・大学院生でヒットすると思うので、一度検索してみてくだされば嬉しいですo(^-^)o。
>> 2007/01/14 18:01
 #1883 Re:一年 ゆきんこ home
ありがとうございました。今遊びに伺いました!

私の説明のしかたが悪くてごめんなさい。
キーワード にんげんのみかた でヒットします(^_-)-☆
>> 2007/01/17 10:52


#1869 Happy Merry Christmas! Name:ゆめ-OTOTO home Res
ゆめ(姉)のところに遊びにきてくれた全ての人に幸せの陽があたりますように…

そして ちょっぴり私と子供 天使になったゆめと妻にも…
>> 2006/12/24 18:14
 #1871 Re:Happy Merry Christma... mg
Merry Christmas

ゆめ-OTOTO さんとお子さんに、天国のゆめさんと奥様に、
そしてこの場所を愛する皆様に、
あたたかな光が届きますように。
>> 2006/12/24 23:28
 #1873 Happy Merry Christmas&happy new year yuka
ごぶさたしています。
のぞいて、ここが変わらずいてくれる事にホッとしています^^
ありがとうございます♪

ゆめ-OTOTOさん、お子様たち、ゆめさんの家族のみなさん、ここを大事に思ってる皆様に。。。

穏やかな時間と幸せな未来が訪れますよ〜に^^

>> 2006/12/26 22:28


#1866 無題 Name:じゅんこ Res
ほんとうに 私もこの場所があることにありがとう気持ちでいっぱいです。

>> 2006/12/18 19:47


#1863 無題 Name:じゅんこ Res
初めておじゃまします。私がゆめごこちに出会ったのは2000年ごろで、いつもチョコレート日記を今日は更新してるかなと毎日のぞきにきたり、ゆめさんの書評にある本をよんだりしていました。ゆめさんと直接メールを送ったり、掲示板でお話ししたりしたことはなかったのですが。。。
けれど悲しいお知らせを聞いたその直後、わたしのパソコンがこわれてしまい、約5年もの間ネットなしの生活をしていました。今年9月に結婚し、やっと我が家にもネットがつながって、まさかとは思いつつ、こちらを訪ねてみたら、そのまま何も変わらず残っていて、とても嬉しい気持ちです。ありがとうございます。

チョコレート日記を読み返すのが毎日の楽しみです。


>> 2006/12/15 20:02
 #1864 ふっと・・・ もか
 私も、ありのままの自分を受け入れてくれて、にこっと笑ってくれるようなゆめさんに会いに、時々ここに立ち寄っています。そうすると、今日の自分、相手の小ささに気づかせてもらっています。いろいろあるけど、きれいな心でいたいと思うことでリセットしていこう!そういう気持ちにさせてもらっています。
>> 2006/12/16 01:36
 #1865 私もです。 杏樹
はじめまして。あまりにもじゅんこさんと時期が一緒だったので書き込みしたくなりました。私もゆめさんを知ったのは2000年ごろで、当時ずいぶんとゆめさんの綴る文から滲み出るやさしさに触れ、元気をもらい、私もいつかゆめさんのように素敵な女性になろうと決意したものです。そして月日がながれ、今年10月に結婚しました。
 もかさんのように、私も心もっと優しい人になりたいな、と思ったときや、そうでないときでも、ふとしたときにたまに立ち返ってゆめさんの文を読み返します。
この場所が大事にされていて、残っていてくれて、ありがとう。
>> 2006/12/18 09:38


#1853 ゆめ-OTOTOさんへ Name:ゆきんこ Res
こんにちは!(^-^)
ところで、ブログのアドレス変えられましたか?
>> 2006/10/19 19:38
 #1856 Re:ゆめ-OTOTOさんへ ゆめ-OTOTO home
お久しぶりです。

実はヒドイ書き込みにあいまして…

書き込みだけを消せば良かったのですが、チェックしたのが携帯電話で…
携帯からは特定の書き込みだけの消去が出来ないんです。
それでブログごと 全部消してしまったんです。

昨夜 復活したのですが、当面は楽天ブログの方しか書き込み出来ないようにセキュリティーをかけてあります。

メッセージ送信は大丈夫なはずなので しばらくは コメはメッセージ送信でお願いしますね。
>> 2006/11/01 22:30
 #1858 よかった! ゆきんこ
OTOTOさん、と書くたびに、
明治オットットというお菓子を思い出すのは
私だけでしょうか。(ふざけているわけではありません^^)

サイトを開いていると何かと厄介なことがありますね。
お互いめげずにいきましょう!!
またお伺いしますね(^_-)-☆
>> 2006/11/04 18:57
 #1861 レイモンド・チャンドラーの言葉 ゆきんこ
すみません、上手く書き込みできなくて、こちらに書きますね!

11月16日付のYOUさんの日記のレイモンド・チャンドラーの言葉
 
 タフでなければ生きていけない。
 
 優しくなければ生きていく資格がない。

短いけれど、とても深い言葉ですね。

私はYOUさんと逆でした。これまでの人生、後半を大切にして、前半がおろそかになっていました。今後の人生、心身共にバランス良く鍛えていきたいし、周りの人にもそのように接していきたいですね!
>> 2006/11/18 14:29
 #1862 私も… タイム
YOUさん、ゆきんこさん、皆様、こんにちは(*^_^*)
実は私もYOUさんの11月16日付の日記に書いてあった言葉を読んで、はっとしていました。
私の場合は出産前は前半を大切にして後半をおろそかにし、出産後は後半を大切にし、前半はおろそかにして生きてきました。
生きることは、前半も後半も大切ですよね。これからは、両方大切に
して、生きていければいいなぁと思っています…(*^_^*)
>> 2006/12/01 15:17


#1857 ささやかだけど役に立つこと Name:ゆきんこ Res
ろーるさんにとっての感動の一冊、
レイモンド・カーヴァーの『ささやかだけど役に立つこと』読みました。

男の子は、奇しくも誕生日の当日
交通事故に遭って数日昏睡状態?の後、亡くなってしまいます。
パン屋さんに予約していたバースデーケーキがご縁で
男の子の両親とパン職人との心のすれ違い→後に交流が生まれたという短編です。

私にも男の子がいるので他人事とは思えず、感情移入してしまいました。
私にとっても余韻が残る作品となりました。
悲しいお話なのに涙は出ない不思議な作品です。
パン職人に同情してしまいました。

もう一度ろーるさんの感想をお聞きしてみたいところです。

>> 2006/11/04 18:53
 #1859 Re:ささやかだけど役に立... ろーる
お返事遅くなってすみません。
なかなかまとまった時間が取れなくて、と言い訳してます・・・。

役に立つ、っていうとなんとなく功利的な感じもして誤解されるかも知れないけど、ぼくは、「ささやかだけれど大事なこと」って受け止めました。
大事なことって、お金だとか、地位だとか、学力だとか、容姿だとかを考えがちだけど、そんなことじゃないんだな。そんなことが気になってしょうがない時期も通過して、ぼくはあのパンの温かさが想像できたのです。
声の大きな人、饒舌な人の意見が力を持ちがちだけど、ぼくはあの無口で不器用なパン屋のおやじのさしだす温かなパンに、救われたのです。
悲しみや苦しみを癒すのは、人生相談の模範解答じゃなく、そばに人がいてくれる、体は接していなくても確かに感じる人の温かさなんじゃないでしょうか。
そしてその温かさを感じることができるのも、悲しみ苦しみ、一人もがく時間を過ごしたからこそ。あの夫婦もパン屋のおやじも、またひとつ皺を刻んで、深みのある人間になっていくんだろうな。
ぼくには地位も名誉も金も美貌もないけれど、あんなパンを焼けたら幸せです。

ところで、村上春樹さんの新刊「ひとつ、村上さんでやってみるか」もお薦めしちゃいます。ぼくもまだ読み始めたばかりですが、ググッとくることばが満載です。

それから、もしこれらの本を読んだ方がいらしたら、ぜひぜひ感想を聞かせていただきたいですね。
毎日ここに来て、今日は誰か書き込んでるかしら、って思ってる方・・・。
>> 2006/11/10 21:29


#1847 『失われた森』 Name:ゆきんこ Res
ろーるさんが前に紹介してくださった
レイチェル・カーソン遺稿集『失われた森』、
ようやく読み始めました。
静かにはまりそうな予感です(^_-)-☆

話題の『ゲド戦記』 近々見に行ってみようかなと思っています。
みなさんはどのような感想をお持ちでしょうか。
>> 2006/10/04 20:39
 #1848 違った〜!!(>_<) ゆきんこ
って、今ろーるさんの以前の書き込みをもう一度確認したら
全然違っていました。
レイモンド・カーヴァーの「ささやかだけれどやくにたつこと」
でした。(^^ゞすみません!!

相変わらず思い込みの激しいおっちょこちょいゆきんこです。
でも、これも何かのご縁かなあと思って
とりあえずレイチェル・カーソン読んでみます(^ー^)
それから、
ろーるさん推奨の本もまた借りてきて読んでみますね〜。
>> 2006/10/04 20:40
 #1849 Re:『失われた森』 ろーる
ふふふ、よくあるよねえ、こういうこと・・・。
気にしない、気にしない!

「ゲド戦記」、みたよ。千と千尋の二番煎じとか、宮崎駿の息子だからとか、原作者が批判してるとか噂もあるけど、単純に映画として観たぼくはそれなりに受け止めたメッセージがあります。
きっとゆきんこさんもそうだと思います、勝手に。だから具体的には書かないけど・・・。ゆきんこさんも観たら、また話そう!
>> 2006/10/06 20:09
 #1850 映画『ゲド戦記』 ゆきんこ
ろーるさん、みなさんこんにちは!

映画『ゲド戦記』観て来ましたよ〜。
たくさん受け止めて帰ってきました!!!
原作を読んでいないので
先入観とか比較とかなしに、
単純に独立した映画として見られたのが逆に良かったです。
私は大好きです。吾朗監督の感性☆

語りだしたらキリがなくなりそうなので
とりあえず、はまりました報告まで(^_-)

p.s.ろーるさん、
どうして私がはまるってわかったのでしょう!?
さすがですね〜。
>> 2006/10/10 12:15
 #1851 Re:『失われた森』 ろーる
良かったです。
きっと、物事には良い面も悪い面もあって、ゆきんこさんは良い面により目が行く方だと思うので。
書評とかでも、それを読んで実際にその本を読みたくなるような書評がいいよね、Yumeさんのように。
「千と千尋の神隠し」はご覧になりましたか?
千尋が涙を流しながらたべたあの塩むすび・・・。あのおむすびのようなパンが焼けたら・・・。としがないパン職人は思うのです。
「ささやかだけれど役に立つこと」、いいですよ〜。
>> 2006/10/11 18:08
 #1852 映画『ゲド戦記』 ゆきんこ
私は映画を見て
”輪廻転生”の意味がついに本当にわかった気がして
感動して帰ってきました。
永遠の命を手に入れたテルーが我が娘と重なり涙が出ました。
それから、影の自分と光の自分の存在が上手く表現されていました。
そのあたりでモヤモヤを感じている人たちを救ってくれたら
いいのになあと思いました。
”まことの名”は魂の名ということでしょうね。
とにかく、今の私には良かったです。
にしても、
最後のシーンでの”クモ”の変貌ぶりが頭から離れず困っています。
あの真っ黒な目とセリフが異常すぎて
本当にもう恐ろしかったです(>_<)
声を担当された田中祐子さん、さすが上手いです。

『千と千尋』・・・も摩訶不思議な世界です。
まことに美味しい食べ物は元気を通り越して涙が出ますよね。
ろーるさん、まことのパンづくりを目指してがんばってくださいね。

☆yumeさんの書評、本当すばらしいですよね!!
知的で感性豊かな大人の女性という感じがします。
足元にも及びません。。。

>> 2006/10/12 19:19
 #1855 その後・・・ ゆきんこ home
みなさん、こんばんは☆彡

その後も、『ゲド戦記』が頭から離れずにいます。
次第に興味は原作者のル・グウィンへ移っています。
ユリイカの8月臨時増刊を買ってきて読みはじめたら
彼女独特の世界にものすごく引き込まれてしまいました。
そして、いよいよ心をととのえて
原作『ゲド戦記』に向き合うつもりです。
とても楽しみです。

ル・グウィンさんの今回の映画に対するコメントがあるのを
知りました。
URL貼っておきますね。
いろんな意味でショックを受けています。
ル・グウィンさんは感度のレベルがずば抜けています。

>> 2006/10/25 23:26




この掲示板は、「チョコレート日記3/13」に”彼”として取り上げられた私(s.shirai)が設置を手伝わせていただきました。

次頁 HOME新着順検索ユーザー削除管理用