鈴木光司


●リング・らせん (角川ホラー文庫)

「怖い」ということでとても話題になった小説を2冊続けて読みました。最初に読んだ『リング』のほうはとにかく怖かったです。今でも小説の中のワンシーンを思い出すとゾッとしてしまうほど。
ハイテクの現代に一昔前に起きた忌まわしいある出来事が絡まって、どろどろとしたある独特の世界を創りあげています。
『リング』を読みながら、以前読んだ篠田節子さんの『聖域』や『ハルモニア』に通じるなにかを感じていた私・・・
怖さと 美しさのギリギリ境で繰り広げられる物語は、とても魅力的でもあります。

『リング』の続編である『らせん』のほうですが、こちらは私にはあまりにも突拍子もないお話に感じてしまい、正直言って『リング』ほど怖くなかったし、面白くありませんでした。
こちらはホラーというよりSF小説といった感じ。医学用語がたくさん出てくることもあって、論理的に話が展開してくるあたりは、『リング』が女性的なお話だとしたら、『らせん』のほうは男性的なお話のように感じたのです。