住まい(インテリア)



●「住まい方の実践」・渡辺武信(中公新書)

建築家である著者が家を通して、自らの仕事と暮らしについて書かれた本です。
建築家の書かれたものを読むのが好きな私は、今までに宮脇檀さんや清家清さんなどの本を読んできましたが、彼らの書かれた本にくらべると真面目と言いましょうか、とても論理的な方という印象を持ちました。
なぜ私が建築家の書かれた本を読むのが好きなのかと言うと、彼らの書く文章に、男性の色気のようなものを感じてしまうから…。とても変な理由ですよね(^^;

家について考え、述べるということは、イコール日々の暮らしについて考え直すということでもあるようです。日常の充実になによりも価値をおいている著者が書いた本だからこそ、読んでいくうちに、ほんとうの住み心地のよい家についてあらためて考えさせられたのです。