斎藤綾子


●結核病棟物語(新潮文庫)

ルビーフルーツ』、『快楽の技術』に続いての3冊めの斎藤綾子さんの本です。
このお話を面白いと言うのは、映画『クラッシュ』を面白いと言うのと(^^;同じぐらいに勇気がいることなのですが、とても面白いお話でした。

彼女が書くお話を読んでいると、道徳的なことや模範的なこと、そしていろんなことのタブーに挑戦しているかのようにも見えてしまいます。それほど過激な描写が多いのですが、不思議と暗く陰湿なものを感じなくて、どちらかといえばカラッとした語り口のせいか、読み終えたあとの後味のようなものはそれほど悪くはないのです。
でも、ここまで自分の性をさらけ出して小説を書き続ける彼女に、ちょっと痛々しいものを感じてしまった私・・・