前田まゆみ


リトルガーデンのしあわせ(筑摩書房)

読み始めた最初から彼女の考え方、感性、そして言葉のひとつひとつが私とピッタンコで、とても嬉しくなってしまった本です。もう、だ〜い好き!
彼女の大ファンになってしまいました。

「ここの、この文章、私とおんなじだ〜」
ちょっと興奮しながら読み進めていくうちに、なぜこんなに自分が草花に惹かれるのか、あらためて分かったような気がしたのです。
ガーデニングを楽しむということは、自分にとっての気持ちいい日だまりを確保すること。混沌とした生活のシーンからいかにキラキラしたものを見つけるか、ということでもあるのですね。

「やわらかいお花もきれいだけど、ポイントに黒のお花を植えてみようかしら。」
「チマチマした小さな鉢をたくさんではなくて、思いきって大きな鉢を購入しようかしら…」
わが家のリトルガーデン計画、ただいま進行中です。


夢みるガーデンのつくり方(PHP研究所)

お花の上手な育て方、アレンジ方法、美しいガーデンの作り方…こんなマニュアルがたくさん書かれた本を書店でよく目にするようになりました。だけど植物を愛する心、が中心に描かれている、前田まゆみさんの本が好き。
この本を読んでいると著者がどんなに自然、草花を愛しているか、そのやさしい心にふれることができます。小さな自然を慈しむ気持ち・・それが伝わるからこそ、読んでいると心があたたかいものでいっぱいになってくるのでしょうね。
庭は愛情がないとぜったいに成り立たない、著者のこの言葉にすべてがこめられているように感じました。

ガーデニング・ブーム…たくさんのおしゃれなグッズが手に入る今だからこそ、見た目の美しさやデザインばかりを気にするのではなくて、そこに育つ植物があくまでも主役のガーデンを目指していきたい、そんなことを思います。
肩の力をぬいた自分らしいナチュラルガーデン、私もめざしたい。

*彼女のホームページGarden*Gardenはこちらです。
シンプルなのだけどあたたかいサイト、とても心地よいです。