けらえいこ


●セキララ結婚生活(講談社文庫)

けらえいこといえば、漫画『あたしンち』がとても好きな私。この本は同じ著者が書かれたコミックエッセイ。新婚生活のあまいところとシビアなぶぶん両方が書かれてあって、読みながら自分の新婚のころを思い出していました。愛し合って結婚したはずなのに、もともとは赤の他人のふたり。日常の中から生じる小さなぶつかり合いがユーモアたっぷりに描かれています。

漫画の中で、奥さんが斜めに眠っているのを見つけた夫が、「またこいつナナメにねてる」とあきれるシーンがあるのですが、これ、じつはうちもいっしょ。もしかしてどこの夫婦もそうなのかしら?
結婚の理由、という頁に、「ちょっとしたことをすぐに言える相手がいるということ」というのがあります。私もほんとそう思いました。ただでさえ感激屋の私だから、「ねー、ねー、聞いて」としょっちゅう夫に声をかけています。
著者のけらさんは自称潔癖性・・すごいきれい好き。それがこの本でも感じられて面白かったです。